箱根温泉でタイ人が見た衝撃の姿

タイ人の友達が東京にやってきました。初めての日本、目的はもちろん温泉とラーメンです。箱根の温泉に泊まった日、友達から電話がかかってきました。「大きなお風呂に行ったら、みんな裸だからキャ〜ッとびっくりしちゃった。どうしても入れなくて部屋のお風呂に入ったわ」。タイは親子でも裸を見せないお国柄だと聞いています。タイにも温泉はありますが、個室かもしくは水着着用です。友達は50代、テレビやインターネットで日本の温泉では裸で入る習慣だと知っていても、実際、目の前にすると恥ずかしくて、部屋のお風呂に入ることにしたのです。

タイ人もびっくり!日本人が麺を食べるときのあの習慣! タイ人もびっくり!日本人が麺を食べるときのあの習慣!

日本で初ラーメン体験、あの音にびっくり

その友達が初ラーメン体験をの衝撃を教えてくれました。「新宿のラーメン屋に入ったらね、みんなズズズ〜ッと音をさせて食べるのよ。びっくりしたわ」。味はおいしかったそうですが、タイでは麺を食べるとき、こんな音をたててはいけません。それにズズズ〜ッと麺をすすり上げるのもマナー違反です。タイ人の麺の食べ方は一口で食べられる分量の麺をれんげの上にきれいにのせる。それを口に運んで、一口ずつ食べるのがタイの習慣なのです。れんげはスープを飲むためだけではなく、麺を口に運ぶ役割もしています。

タイの麺、量が少なすぎるのはなぜ?

タイで日本人が麺を食べると「おいしいけど、量が少なすぎる!」と思っているでしょう。というのもタイでは1日3食ではなく、おなかがすいたら何回も食べるのが習慣です。最近では、何回もちょこちょこ食べるのは太るので3回が定着しつつあるも言われていますが、もともとは食事の回数が多いのです。そのため麺にしろごはんにしろ一品で満腹する量ではなく、腹8分目どころか6分目ぐらいの分量です。だからタイの麺はどんぶり1杯の量がかなり少なめです。私の場合、おなかがすいていると日本式にズズズ〜ッと麺をすすりあげてしまいます。5回ぐらいズズズとすると麺を食べ終わってしまうのです。

お上品なタイの麺を食べるときのマナー

あっという間に麺を食べ終わった私の前で、私よりも前にきたタイ人のお客がまだ、麺を食べています。れんげにのせた麺を一口ずつ口に運ぶので遅いわけです。食べ方で私がタイ人ではないとばれていたと思います。どこで食べても、とても安いのにはずれなしのタイの麺を早く食べすぎるのはもったいないです。食べる速度を遅くして、じっくり味わうためにタイ人の習慣をマネしてみようかな。