仕上がり日は厳守と伝える

何事にも大らかで、多少のわがままも笑って許してくれるタイですが、仕事の場面ではちょっとゆるやかすぎるところも。旅行中に服を注文する場合、もっとも困るのは出発までに仕上がりが間に合わないことです。出発当日ではなく、不測の事態があっても調整できる日程で納期を指定しましょう。郵便事情がよくないので単純な郵便事故もありますが、なかには短期の旅行者相手に詐欺を働くお店もあるようです。注文時にきちんと値段を交渉しておくこと、品物を受け取るまで全額は支払わないで内金だけにしておくなど、初めてのお店の場合は考えた方がいい場合もあると思います。仮縫いのとき、または約束の前日に電話を入れるなどして、納期の念を押しておきましょう。

ちょっとおしゃれなオーダーメイド バンコクで服をあつらえる(その4) ちょっとおしゃれなオーダーメイド バンコクで服をあつらえる(その4)

カスタム・オーダーを扱うお店の例

◆Premier Tailor Bangkok (旧市街エリア チャルンクルン通り)
O.P. PLACE SHOPPING CENTRE (behind The Oriental Hotel)
Suite 19, 2nd FL., 30/1 Soi Charoenkrung 38, New Rd., Bangrak, Bangkok
http://www.ab-road.net/asia/thailand/bangkok/guide/01556.html

◆Moon River By VJ (スクムウィット通り BTS「アソーク」駅下車)
アソーク駅、偶数ソイ側の階段のすぐ下にあります。
http://ameblo.jp/uccauccaucca/entry-11780834211.html

◆Rinna Boutique (プラカノーン市場 BTS「プラカノーン」駅下車)
プラカノーン市場内に店舗があります。
http://treasurebx.exblog.jp/13627483

タイならではのカスタム・オーダー

物価が安いから、という理由で、タイで服をオーダーする人も少なくないと思います。しかし、タイは自国で良質の木綿・シルクをつくっていて、繊維産業が盛んな国です。そういうタイだからこそ手に入る、高品質の布地があります。わたしは北タイのチェンマイ産の光沢の強いシルクや、複雑なパターンがきれいな東北タイのマットミー(絹絣)でスーツを作ったことがありますが、既製のものよりもずっと気に入ったものができたと思っています。新しいことに挑戦するのは少しだけ勇気が要りますが、自分サイズであつらえた服は長く着られて着心地もよいものです。一度試してみませんか?