page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

常夏のバンコクにも季節がある? ベストシーズンはいつ?


掲載日:2019/06/18 テーマ:海外旅行の準備 行き先: タイ / バンコク

タグ: ためになる 一度は行きたい 冬にオススメ


バンコクの気候って? 一年中同じなの?

常夏のバンコクだが、暑季、雨季、乾季の3つの季節がある 常夏のバンコクだが、暑季、雨季、乾季の3つの季節がある

タイの首都、バンコクの気候は、年間を通して平均最高気温が30度を超える熱帯性気候です。一年中夏といえますが、暑季、雨季、乾季の3つのシーズンに分かれています。暑季は3月後半から5月まで、その後、6月から10月までは雨季となり、11月から3月前半までが乾季となります。

とにかく暑い!暑季のバンコク

暑季は日差しが強いので、日傘や帽子は必携 暑季は日差しが強いので、日傘や帽子は必携

3月後半から5月にかけてのバンコクは年間で最も暑い時期。昼間の最高気温が35度を超えるのは普通で、時には40度になることもあります。朝晩も25度以下にならない日が続きます。昼間の観光などでは熱中症にならないように注意が必要です。3月後半から4月は暑くても空気はまだ乾燥しているのですが、5月になると急に雨が多くなり、むっとする湿気の多い暑さになります。

ムシムシと暑いのが雨季のバンコク

すぐ近くの建物が霞むくらいの豪雨になることもある すぐ近くの建物が霞むくらいの豪雨になることもある

バンコクの雨季は6月から10月、日本の梅雨に比べると随分と長い期間です。と言っても日本の梅雨のように一日中雨が降ることはほとんどなく、ザーッと降ったかと思うとパタリと止むパターンを繰り返します。雨が止んでいる間は晴れ間が見えることもあり、観光に大きな支障はありません。ただし、時折凄まじい雷雨が降ることもあり、そうなると道路が冠水することも。月間降雨量は雨季の前半よりも後半の方が多く、9月には300mmを超えるほどです。豪雨の時は、無理に外を歩かず雨宿りするのが無難です。

朝夕は過ごしやすい乾季のバンコク

乾季のバンコクは朝晩は涼しく、過ごしやすい季節 乾季のバンコクは朝晩は涼しく、過ごしやすい季節

11月から3月前半のバンコクは乾季です。雨が降ることはほとんどなく、空気はからりとしており、爽やかな晴天が続きます。昼間の平均気温は30度を超えますが、朝晩は20度近くまで下がることもあり、過ごしやすい季節です。年末年始には、朝晩は長袖の羽織ものが必要になるほど肌寒くなることもあります。昼間は夏の服装で、朝晩は上着が必要になるでしょう。

バンコクのベストシーズンは12月〜2月

年間通して楽しめるバンコクですが、最も快適に旅行できるのは乾季でしょう。気温も比較的落ち着いていますし、雨も少なく、湿度が低いので爽やかです。中でも最もおすすめなのは、12月から2月にかけて。この時期がバンコクのベストシーズンと言えます。ちょうど日本の年末年始休暇に当たる時期でもあります。寒い日本を飛び出して、南国タイの首都バンコクで、観光に、ショッピングにグルメを楽しんでみるというのも良いのではないでしょうか?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/18)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索