タイのニューハーフは、きれい

日本の芸能界で、ニューハーフをこの10年でよく見かけるようになりました。女性より「美」に気を使う彼(彼女?)らの美容のテクニックを、私も参考にしたことがあります。東南アジアのタイでは、芸能人のみならず、一般の人たちの中にもニューハーフの方が多くいます。彼らは「ガトゥーイ」とよばれ、普通に働き、社会的地位も保障されています。服を買いに行った店で、ファッションアドバイスをしてくれた店員は、ガトゥーイでした。きれいに化粧をした、とても美人な方で、思わず顔をじっと見つめてしまいました。

バンコクの夜のエンターテイメントは、おかまバーへ バンコクの夜のエンターテイメントは、おかまバーへ

夜のエンターテイメントは、ニューハーフショー

バンコクで有名な夜のエンターテイメントショーといえば、ニューハーフショーもその一つ。観光客の人気を集めています。私達も、訪れてみました。旅行会社でも予約を受け付けていますので、簡単に申し込めます。店へ直接自分たちで行き、予約バウチャーを見せるだけで、席に案内されました。まずはドリンクを頼み、ショーが始まるのを待ちます。あっという間に80席くらいが埋まりました。すると、客席の明かりが消え、舞台の照明が点いてショーが始まりました。ダンスを踊ったり、歌を歌ったり、ショーは予想以上に本格的でした。

ユーモアたっぷりのコメディも

一番面白かったのは、ユーモアたっぷりな役者らが演じたコメディ。英語で説明していたので内容もわかり、笑えて面白かったです。ショーが終わると、観客も出演者達と写真を撮ることができました。私達も一番美人の方とコメディを演じた方にお願いし、一緒に写真を撮ってもらうことに。大人も子供も楽しめますので、話のネタに、出かけてみてはいかがでしょうか。

地元の若者が集まる夜遊びスポット

地元の若者に人気の夜のエンターテイメントは、クラブです。バンコク市内のロイヤル・シティ・アベニュー周辺には、多くのクラブが集中しています。週末になるとさらに多くの若者が集まるので、有名なDJを呼んでイベントが行われます。若者、といっても、クラブによっては年齢層は日本よりずっと高い気がしました。最新洋楽から、タイポップスまで流れています。バーが併設されている店も多いので、一杯飲みに行ったつもりが、せっかくだからと踊って夜を明かしてしまう、なんてことも。帰りが遅いので、タクシーを使うことを勧めます。