バンコクから日帰り可能な楽園ビーチ

サメット島はラヨーン沖に位置する島です。ラヨーンまではバンコクから約3時間。ちょっと強行にはなりますが、十分、日帰り出来ます。サメット島行きの船の出るバンペーへは、バンコクの東バスターミナル(エカマイ)からバスで行きましょう。早朝7時台のバスがおすすめです。バンコクからバンペーの船着き場までは、約3時間から3時間30分です。船着き場はバスを降りてすぐ。島に渡る船はおおよそ1時間毎に出発しています。バスの時間に合わせてボートが出ているので、そんなに待つことは無いでしょう。

バンコクから日帰りビーチトリップ! その2 サメット島編 バンコクから日帰りビーチトリップ! その2 サメット島編

船着き場から歩いて10分でビーチに到着

サメット島へは約40分の船旅です。船着き場からすぐ近く、歩いて10分ほどにあるサイケオ・ビーチが、この島で一番にぎわっているビーチでレストランもバーも多くあります。ビーチも白砂で海もエメラルドグリーン。この島でどこに行くか迷ったら、サイケオ・ビーチに行けばまず間違いありません。本来のサメット島の魅力は素朴で静かな雰囲気です。サイケオ・ビーチのにぎわいがちょっと苦手なら、他のビーチを探すのもいいでしょう。島は歩くのには大きいですが、レンタサイクルやレンタバイクもあります。

自分好みのビーチを探そう!

サイケオ・ビーチは欧米人観光客にも人気で常に多くの人でにぎわっています。サメット島はタイの人たちも多く訪れます。タイ人たちに人気なのはウォンドゥアン・ビーチですが、私のおすすめはパイ・ビーチかタプティム・ビーチです。海の透明度も高く岩場に行けばスノーケリングも楽しめます。また、比較的リーズナブルなゲストハウスもあるので、バジェット派にはうれしいビーチです。プラオ・ビーチには高級リゾートがあります。好みに応じてビーチを選ぶのもいいでしょう。

気ままな島一周ツーリング、事故と帰りの時間には気をつけて

サメット島にはレンタバイクもあります。バイクの免許を持っているでしたら、のんびりと島をツーリングするのもいいでしょう。レンタルバイクの料金は1日300バーツ(約1000円)です。バイクを借りる際、パスポートか免許証を預けます。サメット島は坂やカーブが多いのでスピードの出し過ぎは十分に気をつけましょう。バイクを壊すと高額の修理代を請求されてしまいます。バンコク行き最終のバスは、バンペーを18時に出発しますので、遅くともサメット17時発の船でバンペーに戻りましょう。