外国人旅行者に大人気! メークロン駅とは?

電車がホームに入って来る直前、線路の上や間際まで広げた露店をバタバタと片付ける風景と言えば、バンコク郊外のメークロン駅がおなじみです。このメークロン駅の折りたたみ市場は、外国人旅行者に有名ですが、バンコク郊外には、他にもおもしろい駅があるんですよ。メークロン駅に行く途中にあるマハーチャイ駅も外国人には、かなり変わったところです。マハーチャイ駅は、ホームが商店街そのものと言おうかホームに市場があるんです。マハーチャイ駅行きの電車の始発駅、ウォン・ウィエンヤイ駅もホームが市場になっていますが、その規模はマハーチャイ駅には遠く及びません。

マハーチャイ駅はとにかくホームが狭い!  マハーチャイ駅はとにかくホームが狭い! 

マハーチャイ駅に行くと、水産物を買いたくなりますよ!

マハーチャイ駅は、ウォン・ウィエンヤイ駅から約1時間、バンコク近郊のサムットサーコーン県にあります。マハーチャイは、水産物の集積地として知られ、バンコクに運ばれる水産物はここで水揚げされます。小さなマハーチャイ駅を切符売場がある入り口から出ると、目の前は水産物の路上市場です。タッパーに詰めた激安のカキ、緑色をしたカニ、新鮮なつやのあるイカなどを売っている露店が船着場までずら〜っと並んでいます。するめや干しエビを売る乾物屋も軒をつらねているので、思わず、お父さんへのお土産をここで調達したくなりますよ。

マハーチャイ駅の中を歩いてみましょう!

マハーチャイ駅の構内は、ホームが激しく市場のお店に浸食されています。ホームのスペースの半分以上をお店が占めているので、乗客が歩くスペースが狭くて、歩きにくいです。しかもホームの端から端までが全てお店です。ホームの向かい側は仕切りがありますが、市場の肉や水産物コーナーです。マハーチャイ駅の活気は、市場の活気でもあります。電車が出て行く踏切側に目をやると、線路の真上にジュース屋さんが立って、商売の真っ最中でした。

マハーチャイ駅で折りたたみ市場を見られる?

踏切の先では、線路の上まで野菜や水産物を広げた露店が並んでいます。ウォンウィエンヤイ駅からマハーチャイ駅までは、1時間に1往復電車が走っています。電車が通る直前、線路上に広げた露店を慌てて片付け、通りすぎると慌てて組み立てる姿が1時間に2回見られます。線路の脇のトマトやきゅうりも高さを考えて積み上げているので、電車がぎりぎり通過していく姿にびっくりです。折りたたみ市場としては、規模も小さく、マハーチャイ駅は有名ではないので、観光客もまばらです。イカ焼きしかシーフード屋台がないのが残念ですが、マハーチャイ駅も相当楽しめ、おすすめです!