折りたたみ市場を見に行く前夜の発見

電車が見えてくると、線路の上まで張り出した露店をバタバタと片付ける姿で有名なタイのメークロン市場をご存知ですか? いよいよ明日、行くことにしました。もう一度、行き方を確認しようと、ネットにつないだところ、嫌な予感がするキーワードが出てきました。「メークロン 工事」です。メークロン市場は、メークロン駅の線路の上にあり、バンコクから日帰りで行ける外国人旅行者に人気のスポットです。バンコクのウォン・ウィエンヤイ駅を出発し、終点のマハーチャイ駅で降ります。そこから渡し船に乗って、対岸のバーンレム駅にわたり、メークロン駅に向かいます。鉄道で行くと、乗り換えが大変で片道3時間ぐらいは覚悟しないといけません。

線路が剥がされ、もう駅に見えないバーンレム駅 線路が剥がされ、もう駅に見えないバーンレム駅

メークロン一番への簡単で早い行き方

バンコクの戦勝記念塔からロットゥーと呼ばれる乗合バスに乗れば、片道1時間でメークロンに到着です。行きも帰りもロットゥーだと楽ですが、面白みに欠けます。行きは鉄道、帰りはロットゥーに乗ることに決めたのに、メークロン線は現在、工事中と判明・・・。2015年の5月8日、タイ国鉄が「(バーンレム駅からの)メークロン線は5月13日から11月8日まで線路工事のため停止」と発表していました。工事中も市場は営業中ですが、電車が来ないので、市場を折りたたむ姿は見られません。この期間、もちろんバンコクの旅行社からメークロン市場見学ツアーも出ません。

やっぱりタイっておおらかです・・

鉄道で行く場合の起点となるウォン・ウィエンヤイ駅はホームに屋台が並ぶ楽しいところです。何度も行き、切符売場周辺に貼られている時刻表などをしつこくチェックしました。タイ語は読めませんが、英語でもそれらしき貼り紙はありませんでした。切符売場でバーンレム発メークロン行き列車の本数を確認した時も時刻表を渡されただけでした。このあたりのおおらかさ?が海外らしくもあります。メークロン駅に行く外国人観光客は多いのに、すっかり忘れられています。

メークロン市場を見られる日はいつ?

メークロン線は、線路も古く、ごみなどの問題もあり、脱線することがしばしばあったようです。今回、古い線路を全てはがし、新しい線路をひく工事が始まりました。渡し船に乗って、未練がましくバーンレム駅に向かっていると、近所の住人が「半年間、クローズだよ!」と教えてくれました。バーンレム駅に着くと、線路はすっかり剥がされ、働く人の姿もなく、静まりかえっていました。タイではお知らせもなく、工事は完成が遅れることもしばしばなようです。完成予定は2015年11月18日ですが、バタバタと露店を片付けるメークロン市場の姿を見て、満足にひたれる時は、もう少し先のことになりそうです。