page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

おすすめ〜バックパッカーの聖地、バンコクのカオサン通りの遊び方(その3)「どこで食べよう?」


膨張するカオサン

バンランプー市場の屋台カフェ バンランプー市場の屋台カフェ

(その2から続く)カオサン通りの賑わいは、今や周囲に広がっています。個人的には、カオサン通りの端にある警察署の向かい側にあるお寺の裏あたり、通称「寺裏」がお気に入りで、チャオプラヤー川にも近くなります。こちらは車の通りもかなり少なく、タイらしいのんびりとした風情で、カフェに陣取り、行き交う人々を見るのは楽しいものです。この界隈にもゲストハウスがたくさんできましたが、夜になればまだ静かで、安眠できます(カオサンは2時過ぎまでうるさい)。レストランやカフェの食事は、カオサンでもそうですが、総じて外国人向けで値段が高く、おいしいとは言い難いです。食事に関しては、カオサンはイマイチだなあと思っています。ただし、地元の人も立ち寄るラーメン屋さんは、安くてうまいです。ラーメンだけでなく、うどんのような白い米粉麺やビーフン麺、汁あり、汁なしと選べます。スープは鶏がらが多いですね。

朝食ならば、バンランプー市場

絶品の炭焼きトースト 絶品の炭焼きトースト

カオサンの朝、ホテル近くのカフェでトーストと卵焼き、フルーツなどを食べるのもいいですが、やや味気ないです。そこで僕がおすすめするのが、バンランプー市場です。カオサン通りから北に歩くこと5分。衣料品店などの前に、露店の衣料品が出ているところです。中には屋台も見かけます。歩道にテーブルとイスが並べられ、そこで食べられるようになっています。バイクで来てテイクアウトしていく人も多いです。市場の朝の活気の中で、まず注文するのはコーヒーです。コンデンスミルクがたっぷり入った甘いコーヒーが供されます。これが昔からあるタイのコーヒーで、コーヒー自体の味はとても濃くてうまいです。最近はこんなコーヒーを出す店がめっきり減ったと、旅行作家の下川裕治さんなど自著の中でぼやいています。同じ店では炭火で厚焼きトーストを焼いています。バターをたっぷり塗ればできあがり。これも絶品です。

朝から豚串焼きもまたうまい

豚串焼き屋の看板娘 豚串焼き屋の看板娘

隣には、豚串焼きの屋台が出ています。3年前には看板娘がいましたが、今もいるかどうかは不明です。こうした屋台では、家族総出で働いている店も多く、お手伝いを頑張る子供たちの姿を見ているだけで、ほのぼのとした気分にさせられます。トーストを食べる朝は、さすがに豚串焼きを食べる気になれませんが、胃の軽い朝などは、豚串焼きとカオニャオ(もち米)の朝食を食べたくなります。昔は10本も食べた串焼きですが、最近は3本ほどになってしまいました。濃厚な漬けだれがしっかりと染み込んだ甘めの味付けは、絶妙です。この串焼きは、バンコクの屋台の定番ですが、これまで30年以上食べてきて、ハズレたことはありません。串焼きを食べては、もち米を口に運んでさっぱりさせる。胃にどっしりときて、パワー全開になりそうな朝食です。その他、ラーメン屋さんなどの屋台も出ています。朝食はバンランプー市場でいかがでしょうか?(その4へ続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/04/02)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索