バンコク発アンコールワット行き

バンコクの北バスターミナルから、カンボジア、シェムリアップ、プノンペン行きの直通国際バスが運行されています。今までは、カオサン通りの旅行代理店などでシェムリアップ行きと称してチケットが販売されていました。しかし、その実態は、国境までミニバスやバスで行き、そこでバスを降ろされ、歩いて国境を越えた後、カンボジア側のバスに乗り換える必要がありました。この国際バスは、国境で出入国手続きのため降りますが、そのままカンボジアのシェムリアップに向かいます。

便利で楽々、タイ発カンボジア行き国際バスで越境、世界遺産アンコールワットを目指す 便利で楽々、タイ発カンボジア行き国際バスで越境、世界遺産アンコールワットを目指す

出発はモーチット2北バスターミナル

シェムリアップ行きのバスは、37席 VIPタイプのバスでバンコク発9時、料金は750バーツ(約2600円)、モーチット2(北バスターミナル)のプラットフォーム106番からの出発になります。チケットの購入は、1階22番窓口です。到着はシェムリアップの国道6号線沿いにあるエンプレス・アンコール・ホテルです。所要時間は約7時間、軽食や飲み物等のサービスがあります。シーズンオフの場合は、当日朝早く行けば大丈夫でしょうが、前日までに予約することをお勧めします。

乗車の際にはパスポートとビザは忘れずに

チケットの購入の際は、パスポートの提示が必要です。また、カンボジアの入国には、ビザが必要です。時間に余裕がある場合には、事前に取得しておくことをおすすめします。カンボジアのツーリストビザは、ビザ代30ドル(約3700円)の他、写真1枚(3x4cm)が必要です。国境で取得の場合、30ドルもしくは、1000バーツ(約3500円)です。エージェントと称して、手数料を取ろうとしたりする人がいるケースが数多く報告されていますので注意して下さい。

乗り換えもないので楽々です

13時くらいに、タイ側の国境に到着します。カンボジアのビザを持っていないと取得するようにすすめられますが、通常のビザ代金より高い料金を請求されます。国境で一旦バスを降り、タイ側の出国手続きをします。出国手続きを済ませたら再びバスに乗り、カンボジアの入国審査のため再びバスを降ります。入国手続きを済ませたらバスに乗り込み、シェムリアップに向かいます。早ければ16時頃、エンプレス・アンコール・ホテルに到着します。しかし、遅延することが多いようです。