タイの首都バンコクには国際空港が2つある

日本からの海外旅行先としても人気が高いタイの首都バンコク。日本からまずバンコクに飛び、タイ各地への国内線へのトランジットや、ラオス、カンボジアへのトランジット空港として使用する人も多いでしょう。しかしバンコクには2つの国際空港があるということをご存知でしょうか? 使用する航空会社によって、スワンナプーム国際空港なのかドンムアン空港なのか異なります。間違えると、飛行機に乗り遅れる事態が発生することもありますので要注意です。

2006年から開港したスワンナプーム国際空港の港内 2006年から開港したスワンナプーム国際空港の港内

2006年開港のスワンナプーム国際空港

現在ほとんどの国際線の離発着が行われているのが、2006年開港のスワンナプーム国際空港です。バンコクの中心部から東に約30キロのところに位置しています。空港から市内ヘのアクセスには、電車(エアポートレイルリンク)、バス、タクシーなどがあります。日本人に馴染みの深いJALやANAを始め、タイ航空、バンコクエアウェイズなどはスワンナプーム国際空港発着です。国際空港という名がついてはいますが、タイ航空、タイスマイル、バンコクエアウェイズの国内線も、このスワンナプーム空港発着となっています。

ドンムアン空港よりさらに大きくなった新空港スワンナプーム国際空港 ドンムアン空港よりさらに大きくなった新空港スワンナプーム国際空港

かつてのバンコク国際空港であったドンムアン空港

前述のスワンナプーム国際空港ができるまで、バンコク唯一の国際空港として活躍していたドンムアン空港は、バンコクの中心部から北に約20キロのところに位置します。市内へのアクセスにはバスかタクシーを利用しましょう。スワンナプーム国際空港が開講するまでは、バンコクの唯一の国際空港でした。現在は、主にLCC(格安航空会社)である、エアアジアやタイライオン、スクート、ノックエアなどの国際線および国内線の発着に使われています。

空港間を移動するトランジットには、十分な乗り継ぎ時間を確保

航空会社によって使用空港が違いますので、同日トランジットをする場合、飛行機を予約する前に使用空港を必ず確認してください。2つの空港間をシャトルバスで移動するとなると約1時間かかりますが、渋滞などで2時間かかることもあり得ます。JAL、ANA、タイ航空でバンコク入りして、同日にLCCの国内線でプーケットやチェンマイに移動する場合、スワンナプーム国際空港からドンムアン空港へ移動しなければなりません。さらに入国審査の時間、荷物を受け取る時間、空港間の移動時間など考慮すると、5時間以上の乗り継ぎ時間をとっておくのが安心です。このような空港を移動する乗り継ぎの場合、スルーバゲージは適応されませんので、預け荷物を一旦受け取って空港間を移動することもお忘れなく。LCCは価格の安さが魅力ですが、普通の航空会社と組み合わせた場合、荷物の受け取りや空港の移動などの手間と時間がかかることも考慮する必要があります。