page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】教えて! バンコクの市内交通事情、観光には何を使うのが便利?


掲載日:2019/08/14 テーマ:鉄道 行き先: タイ / バンコク

タグ: お得 ためになる 安い 街歩き 地下鉄


BTSと地下鉄で、ほとんどの場所はカバーできる

バンコクの市内観光、さて、どんな交通機関を使えばいいのでしょう? 観光客にも使いやすいのは、バンコクの中心地を走る高架鉄道「BTS」と「MRT」と呼ばれる地下鉄です。駅名も英語表記されていますし、料金体系もわかりやすいので、観光の足として活躍すること間違いなし。初乗り料金はBTSが16バーツ(約55円)、MRTが14バーツ(約50円)と価格も手頃で、渋滞で有名なバンコクでは駅まで歩いたとしても、渋滞のない電車の方が目的地に早く着くケースも多いのです。BTSとMRT駅周辺には、マーケットや大型ショッピングモールも多いので、がっつり買い物を楽しみたい人は、これらの駅周辺に宿泊すると便利でしょう。

リーズナブルな料金で利用できるタクシー

複数人数での移動なら、タクシーがリーズナブルで便利 複数人数での移動なら、タクシーがリーズナブルで便利

とはいえ、 BTSと地下鉄だけで全てのエリアをカバーできるわけはなく、スーツケースなどの大きい荷物があるときには使いにくいもの。そんなときは、タクシーを利用することになるでしょう。日本ではタクシーは高価な移動手段というイメージがありますが、バンコクでは流しのタクシーの初乗り料金は35バーツ(約120円)。2〜3人の移動であれば、実はBTSよりも安い場合も多いのです。ただ、問題は、バンコクの渋滞の激しさと、英語が理解できるドライバーが少ないこと。行き先をうまく説明できないと乗車拒否されることもしばしば。また、右折禁止箇所の多いバンコクでは道路事情を理解していないと大回りされてしまうこともあります。

スマホとネットがあればGRAB TAXI( グラブタクシー)も使える

GRAB TAXIは、配車アプリによりタクシーを手配できる制度で、駅も近くになく、流しのタクシーも走ってないような場所や時間帯に車を手配するには便利です。ただし利用にはスマホとネット環境が必要で、スマホにGRABのアプリをダウンロードする必要があります。また待ち合わせの場所の確認で、ドライバーからタイ語で電話がかかってくることもあるので、タイ語が喋れないと使いこなせない可能性もあります。
GRAB TAXIのアプリダウンロードや使用方法は公式ホームページでご確認ください。https://www.grab.com/th/en/taxi/

チャオプラヤー川沿いのホテルなら、ボート移動も

たまにはゆっくりと川の上を移動するのも風情があります たまにはゆっくりと川の上を移動するのも風情があります

王宮や有名寺院の観光に便利なのがチャオプラヤー川のボートです。移動手段としてだけでなく水の都だったバンコクの面影を感じられ、ボート移動自体が観光になります。渋滞知らずなのも魅力です。

タイならでのトゥクトゥクはどう使う?

トゥクトゥクは暑いし、雨に降られると最悪だけど、それでも一度は乗ってみたいタイらしい乗り物 トゥクトゥクは暑いし、雨に降られると最悪だけど、それでも一度は乗ってみたいタイらしい乗り物

屋根しかついてない三輪自動車トゥクトゥクはタイらしい乗り物です。車体が小さく小回りがきくので、渋滞の中をすり抜けて進んだり、細い路地も入っていけるので便利です。ただ、メーターはなく値段交渉しなければならないので、相場がわからないとタクシーよりも高くついてしまうことも。利用する場合は、乗る前にしっかり値段交渉すること、できれば一人で乗らないことに留意してください。

荷物が多くなければエアポートリンクは便利

バンコク市内とスワンナプーム国際空港を結んでいるのが、エアポートレイルリンクと呼ばれる高架鉄道です。空港からバンコク中心部まで約30分で、料金は45バーツ。一人旅で荷物が自分で持ち運べる程度なら、安くて早いのでおすすめです。BTSのパヤタイ駅、MTRのペッチャブリー駅で乗り換えができます。運行時間はだいたい6:00から24:00(使用する駅によって前後します)。
※この記事でご紹介した料金は、すべて2019年6月現在のものです。ご旅行の際には公式ホームページなどで最新の情報をお調べください

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/14)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索