page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

初めてのタイ・バンコク旅行!昔ながらの方式だから簡単!バンコクのバスの乗り方


掲載日:2019/10/12 テーマ:観光地・名所 行き先: タイ / バンコク

タグ: たのしい ためになる ひとり旅 バス 安い


現地人の便利は、旅行者にとっての不便?

一番安い赤バスはエアコンなし。53番は、ホアランポーン駅に行く時も使える 一番安い赤バスはエアコンなし。53番は、ホアランポーン駅に行く時も使える

交通カード、アプリでバス代決済などなど。旅先での市バスの代金の払い方はますます便利になっています。中国では、チャージできる交通カードを導入しています。この交通カードをゲットすれば、おつりがでないバスに乗るために毎回、小銭を準備する必要もなく、バス代もお得。でも、旅行者からすれば、ゲットするまでが大変。しかも最近では、アプリで払うのが主流になってきています。現地人にとっての便利は、旅行者にとっては不便この上なし!うれしいことにタイの首都、バンコクの市バスの乗り方は、私が初めてタイを訪れた27年前の1996年から2019年の現在まで全く変わっていません。基本は現金払いでおつりも出ます。これって、旅行者にとっては、ありがたいことだと思いません?

筒状の鉄ケースが目印の車掌さん

車掌さんの手には、いつも細長い鉄ケース! お札はポケットの中 車掌さんの手には、いつも細長い鉄ケース! お札はポケットの中

バンコクではバスに小銭と切符が入った細長い鉄ケースを持った車掌さんが乗っています。シャカシャカと小銭の音をさせながら、車内を行ったり、来たりしています。運転手さんと車掌さんは常にペア。だからバス代をぴったり出せなくても、おつりが出ます。これは本当に楽。バンコクのバスの種類は多く、主なものはエアコンなしの赤バス、青バス、オレンジバスとエアコン付きの黄色、オレンジのバスです。どのバスに乗っても、鉄ケースを持った車掌さんがやってきます。ちなみに赤バスは、距離に関係なく一律料金です。現金で8バーツを払うと、車掌さんが、鉄ケースの蓋で薄い切符を切ってくれます。エアコンバスは、距離によって値段が異なります。停車駅を言うか、地図で示すと代金を教えてくれます。あとは現金を渡せばオッケー。

なくしそうだけど、なくしちゃいけない切符

バスの乗り場。こんな路線説明図ができたのも、2017年頃から。それまでは番号が書かれているだけだった。バス路線ごとに停車駅が書かれているが、かなりざっくりしたもの バスの乗り場。こんな路線説明図ができたのも、2017年頃から。それまでは番号が書かれているだけだった。バス路線ごとに停車駅が書かれているが、かなりざっくりしたもの

エアコン付きバスで体験したことはないのですが、時々、バス代を払った後でバスを乗り換えることがあります。例えば、民主記念塔に近いカオサン通り周辺に泊まっている旅行者が、チャイナタウンに行く時に乗る赤バスの53番です。王宮前広場でバスが停車すると、お客が次々バスを降りて、前に待機しているバスに乗っていきます。こんな場面に遭遇したら、他のお客についていき、同じバスに乗りましょう。乗り換えたバスで切符を見せる時があるので、前のバスの切符は大切に保管しておきます。薄くて小さい切符だからと言って、くしゃくしゃっとしてしまうのは禁物!

現金払いは楽?

バンコクのバスの切符。切手みたいに小さい バンコクのバスの切符。切手みたいに小さい

車掌さんは、代金をもらったお客のことをしっかり覚えています。でも、混んでいるのに席を移動したり、立っている位置を変えた時は要注意!払ったのにもう一度代金を代金を請求されることもあります。そんな時のためにも切符は絶対、なくさないようにしましょう。2019年にもなって、今だにバス代が現金払いだなんて、面倒くさい気がするかもしれませんが、旅行者にとってはこれが一番楽!バンコクの市バスのトラディショナルさは、すばらしい!料金も安くて、路線も豊富なので、もっとバスを活用してみませんか!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/12)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索