ついつい荷物が増えてしまう人

海外旅行の準備をしていると、あれもこれもスーツケースに詰めてしまい、出発前から荷物がいっぱいなんて人はいませんか。私もその一人でしたが、最近は旅慣れきたせいか、荷物がかなり少なくなりました。使うかもしれない物を持っていくより、確実に便利だったアイテムを次回の旅行へ持っていくようになったからだと思います。今回は私の個人的な主観で選ぶ、持っていって良かった物を紹介しようと思います。荷物の多い方、旅行準備の際に参考にしてみて下さい。

意外と便利だったアイテムはコレでした! 旅の荷物はコンパクトに(前編) 意外と便利だったアイテムはコレでした! 旅の荷物はコンパクトに(前編)

コンパクトな携帯用のスリッパ

ヨーロッパのホテルに意外と用意されていないのが、部屋履きスリッパ。日本人なら外から戻ってきたら、室内は靴を脱いでリラックスしたいものです。そんなときに使えたのが、携帯用スリッパでした。とにかく、かさ張らない折りたたみ式のコンパクトのものがおすすめ。機内にも持ち込めるので、長いフライトの間もスリッパに履き替えて、リラックス。ユースホテルのようなシャワー共同の宿泊施設なら、スリッパよりシャワー室にそのまま入れるビーチサンダルやクロックスのサンダルの方が便利です。

コンパクトなバックを持ち歩こう

観光の途中で買い物したり、土産を買ってしまい、両手は紙袋で一杯なんてことありませんか。もしくは、荷物を持つのが嫌で観光中の買い物を我慢した経験はないですか。私は旅行先でも、コンパクトに折りたたみできるショッピングバックを持ち歩いています。これが意外と便利でした。買い物するまではバックにしまっておけます。丈夫でコンパクトなものを一つ持っていると、かなり重宝します。見た目を重視しないならスーパーのビニール袋でもいいのですが、観光で記念写真を撮る際に、うっかり手にして写ったときは、後で後悔したものです。

コンパクトに手を洗浄する液

食事をする前に、手を洗う習慣がありますか。海外のレストランでは、日本のようにお絞りが出てきません。そんなときに便利なのがアルコール消毒液。携帯用に小さいサイズがあるので、持ち歩いています。欧米の食事はナイフ、フォークを使うだけでなく、手でパンを食べます。アジアの屋台で出された箸やフォークを、ティッシュで拭いている人もいると思います。アルコール速乾なので、わざわざ手を洗いにトイレに行く必要もないですし、そもそもトイレがないようなアジアの屋台でも活躍しました。きれい好きな人にはおすすめです。〈後編につづく〉