page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「ワット・プラ・ケオ」の旅行情報

ワット・プラ・ケオ

名称:ワット・プラ・ケオ(タイ/バンコク
ジャンル:観光スポット

王宮の敷地内にある王室専用の寺院ワットプラケオ。本尊であるエメラルド色をした翡翠の仏像にちなみ、エメラルド寺院と呼ばれている。エメラルド仏はアジアの各地を変遷した伝説をもち、最後はラオスのビエンチャンから、現王朝の始祖ラマ1世がバンコクに持ち帰ったという。以来、エメラルド仏は国家の守護神と尊ばれ、その黄金の衣装は年に3回の衣替え儀式の際、国王が自ら取り替える。アユタヤ様式の本堂も、ラマ1世がエメラルド仏のために建立したものだ。ほかに、三蔵経を納めたタイ様式の塔や、仏舎利を納めたスコータイ様式の金色の塔、カンボジアにあるアンコールワットの精巧な模型など、歴代の王の建造物が見られる。

ここに行くツアーを探す

ワット・プラ・ケオに関する写真

現地ガイド発!バンコクの観光スポット最新情報

2018/04/01 観光地・名所

バンコクで一番有名な水上マーケットへ行こう!

バンコク旅行イメージ-ボートに乗りながらプチトリップ。水上生活の様子を見たり、お土産を買ったり楽しむことができます。 ボートに乗りながらプチトリップ。水上生活の様子を見たり、お土産を買ったり楽しむことができます。

バンコクにはいくつもの水上マーケットがありますが、なぜだと思いますか?それは遡ること150年ほど、タイが近代化を迎えようとしていた頃のお話です。街作りは周囲を運河で仕切り、島のような街をいくつも作るのが主流でした。そうすることで外敵の侵入を防いでいたと思われます。そうして運河を整備していく中で、人々の移動の足のメインとなったのが水上交通。自分たちの商品をボートに乗せ売りに歩くという手段が発達したのでした。そしてその人たちが住居に選んだのが交通の便がよい、つまり船に乗りやすい運河沿い。高床式の家を建て、そこで生活するようになったのです。水上マーケットはボートに乗って買い物を楽しむ場所だと思ってい…続きを見る



バンコク旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

バンコクツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ワット・プラ・ケオへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。