観光スポット「ワット・ベンチャマボビット」の旅行情報

観光スポット「ワット・ベンチャマボビット」の旅行情報

ワット・ベンチャマボビット

名称:ワット・ベンチャマボビット(タイ/バンコク
ジャンル:観光スポット

ラマ5世の開発したバンコク・デュシット地区にある、彼の命で建立されたワットベンチャマボピット。この寺院は、屋根瓦を除くすべてがイタリア産の大理石で造られていることから、大理石寺院と呼ばれている。建物は左右対称になっており、オレンジ色の瓦が使われた3層の屋根と、白い大理石の壁の組み合わせが美しい。大理石の使用だけでなく、ローマ様式の柱や、窓にはめ込まれた仏陀のステンドグラスなどがあり、タイの寺院のなかでは異彩を放つ美しい印象である。内部に安置された黄金の仏像は、ピサヌロークの有名なプラブッタチナラートを模したもの。その台座には、ラマ5世の遺骨が納められている。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!バンコクの観光スポット最新情報

2016/11/28 観光地・名所

海外旅行タイ編 2016年4月に再開! メークロン市場へ行くのはツアー? それとも個人がいい?

バンコク旅行イメージ-メークロン駅では、こんなにたくさんの観光客が待ち構えています メークロン駅では、こんなにたくさんの観光客が待ち構えています

列車には、ほとんど観光客は乗っていなかったのに、こんなに多くの人が駅で待ち構えているなんてびっくり! 列車の窓から顔を出すと、線路沿いの電柱や柱、壁に顔や頭がガンとぶつかりそう! ここは、列車が通るたびに、線路沿いの市場を片付けることで有名なメークロン市場です。2015年5月13日からメークロン線の線路の改修工事が始まり、市場を片付けたり、開いたりする様子が長らく見られませんでした。鉄道がお休みなので、市場は開いたままの、つまり普通の市場になっていました。2016年4月1日、工事が終了。やっとメークロン線が再開し、メークロン市場のあわただしい様子も見学できるようになりました。続きを見る



バンコク旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

バンコクツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ワット・ベンチャマボビットへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。