page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「ラマ5世博物館」の旅行情報

ラマ5世博物館

名称:ラマ5世博物館(タイ/バンコク
ジャンル:観光スポット

ラマ5世はタイの近代化を推進し、独立を守った名君として今も尊敬を集めている。ラマ5世博物館とは、彼の住んでいたバンコク・デュシット地区のウィマンメーク宮殿を、博物館として一般公開したものだ。すべてチーク材で造られた3階建ての建物は世界でも珍しく、ラマ5世のヨーロッパ外遊も影響してか、西洋とタイのスタイルが融合した宮殿となっている。タイで初めて電気設備をもった建物でもある。各部屋にはヨーロッパ各国から集められた調度品や、中国製の陶器、日本製の着物などが飾られ、ラマ5世が暮らした当時のままの豪華さだ。寝室、居間、バスルームなど30室あまりの部屋を見学することができる。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!バンコクの観光スポット最新情報

2018/10/14 観光地・名所

スリル満点の渡し船が楽しい! チャオプラヤー川の対岸でサイクリングを楽しもう!

バンコク旅行イメージ-サイクリングコースの終盤に入っているワット・バーンナムプーンノーク サイクリングコースの終盤に入っているワット・バーンナムプーンノーク

2017年8月、初めてチャオプラヤー川を渡って、サイクリングを楽しんだ時は、欧米人旅行者しかいなかったのに! 今年は、いきなり韓国人ツアーに出会いました。「バンコクの台所」と呼ばれるクロントゥーイ市場のさらに先にあるクロントゥーイ船着場からチャオプラヤー川を渡ると、そこはサムットプラカーン県のバンガジャオです。渡し船に乗ること、わずか数分なのに対岸は、バンコクとは別世界。マンゴーやパパイヤの畑がのどかなタイの田舎の風景が広がっています。この中を行くサイクリングコースは、欧米人の間では有名なのか、2017年は、欧米人にしか出会いませんでした。でも、おもしろいところって、あっと言う間に有名になるん…続きを見る



バンコク旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

バンコクツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ラマ5世博物館への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。