page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・チェンマイ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギネス記録を持つ象さんたちと、首長族の村を見に行こう!


掲載日:2015/02/25 テーマ:観光地・名所 行き先: タイ / チェンマイ

タグ: すごい! 一度は見たい 動物


チェンマイに来たらハズせない人気ツアー!

首長族をはじめ、アカ族、モン族といった山岳民族が暮らすカレン村で最高齢のおばあちゃん。英語だけでなくタイ語も話せない方も多いですが、みんな優しく記念撮影に応じてくれます。 首長族をはじめ、アカ族、モン族といった山岳民族が暮らすカレン村で最高齢のおばあちゃん。英語だけでなくタイ語も話せない方も多いですが、みんな優しく記念撮影に応じてくれます。

タイの北に位置するチェンマイ。バンコクに比べて手つかずの自然が多く残り、静かで赴きあるこの場所はタイの京都とも呼ばれる人気観光地です。今回はせっかくチェンマイを訪れたなら、足を伸ばして出かけたい観光スポットを2つご紹介! とはいえ、自力で行くのはなかなか大変なので、現地のツアー会社で申し込むオプショナルツアーをご紹介します。ホテルから送迎バスに乗り込めば、何の心配もなく目的地に到着。お手軽に1Dayトリップしたい方へピッタリのツアーです!

まずはギネス記録を持つ象が暮らすメーサーエレファントキャンプへ!

器用に鼻を使って絵筆を持ち、見事な絵を完成させる象たち。その繊細な筆さばきに観客はみんな見入っていました。 器用に鼻を使って絵筆を持ち、見事な絵を完成させる象たち。その繊細な筆さばきに観客はみんな見入っていました。

最初に向ったのはメーサーエレファントキャンプ。約80頭もの象たちが暮らすこのキャンプでは、象の水浴びを見たり、触れ合ったり、象の背中に乗ることができます。中でも一番の目玉は象達が繰り広げるショータイム! 象のショーを見られる場所はバンコクや日本にもありますが、ここの象たちは比べ物にならないくらいの芸達者! とくにお絵描きコーナーは絶対に見逃せません。実はここの象たちは世界で一番大きな絵を描いたとしてギネス記録を持っているほどのツワモノ揃いなので、絵を描くシーンは必見です!

象が描き上げた絵は即完売するほどの人気!

象たちが描き上げた絵がコチラ! 本当に象が描いたのかと目を疑うほどの完成度です。絵はその場で購入可能ですが、人気なので欲しい人は急いで名乗りを上げて! 象たちが描き上げた絵がコチラ! 本当に象が描いたのかと目を疑うほどの完成度です。絵はその場で購入可能ですが、人気なので欲しい人は急いで名乗りを上げて!

何色もの絵の具を使って、丁寧に描き上げられた絵はその場で購入可能。絵はそのスケールの大きさによって1枚1000バーツ(約3600円)〜と、タイの物価から考えれば少しお高い額にも関わらず、あっという間に売り切れてしまいます。もう少しお手軽に欲しい人は売店で売っているポストカードがオススメ! 何パターンかの絵が5枚セットになって80バーツ(約300円)なので、お土産にもピッタリです。象たちの頭のよさに感動した後は、再びバスへと乗り込み、首長族の村へと出発です!

美しい刺しゅうと優しい笑顔に溢れたカレンの村

彼女達はここで手作りした工芸品を売って生活しています。写真撮影に応じてもらったらチップを払うよりもお土産を買ってあげて。見事な刺しゅうが施されたポーチも100バーツ(約360円)とお手頃です。 彼女達はここで手作りした工芸品を売って生活しています。写真撮影に応じてもらったらチップを払うよりもお土産を買ってあげて。見事な刺しゅうが施されたポーチも100バーツ(約360円)とお手頃です。

エレファントキャンプの後はカレンの村へ。ここには首長族をはじめ、アカ族、モン族といった山岳民族の方たちが暮らしています。でもなぜ、首長族の女性だけが首に金属の輪をはめて長くしていると思いますか? それは、彼女達が住む山岳地帯には野生の虎が多く出没するため。その虎から首を守るために金属を巻いたのだそうです。足首と手首の輪っかは毒蛇から身を守るためです。でもその理由を伝えても子供達は嫌がるので、「首が長い方が美しい」と教えられたんだそうです。

ガイドさんの説明つきで記憶に残る旅に☆

ランチはヴィッフェスタイルのレストランへ。ここの料金だけは別料金で200バーツ(約738円)かかりますが、世界で1番美味しいといわれたマッサマンカレーをはじめ、数種類のタイ料理が食べ放題☆ ランチはヴィッフェスタイルのレストランへ。ここの料金だけは別料金で200バーツ(約738円)かかりますが、世界で1番美味しいといわれたマッサマンカレーをはじめ、数種類のタイ料理が食べ放題☆

今回、私が申し込んだのがAPEXツアー。送迎とガイドさんの説明がついて1400バーツ(約5170円)でした。メータータクシーがなく、移動するには交渉が必要になるチェンマイで、この行程を自力で行うのは至難の業です。それだけでなく、ガイドさんの説明があることで写真撮影だけで終わってしまいそうな場所も、より深く知ることで記憶に残る旅となりました! タイ全土のツアーを催行しているのでチェックしてみてくださいね。☆APEXタイランド☆http://www.apexthailand.co.th/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/02/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索