page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・チェンマイ・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

芸達者な象さんたちと間近で触れ合える象パラダイス♪


掲載日:2016/07/06 テーマ:動物 行き先: タイ / チェンマイ

タグ: すごい! テーマパーク 一度は行きたい 珍しい 動物


タイ最大級のエレファントキャンプ!

メーサー渓谷で気持ち良さそうに水浴びする象たちの姿に癒される〜! 別料金で水浴びのお手伝いをする調教師側に立つこともできます! メーサー渓谷で気持ち良さそうに水浴びする象たちの姿に癒される〜! 別料金で水浴びのお手伝いをする調教師側に立つこともできます!

チェンマイの市街地から車で30分ほどの場所に位置するのが「Maesa Elephant Camp(メーサー・エレファントキャンプ)」。ここは象の保護と調教を目的とした場所で、チェンマイの人気の観光スポットのひとつです。バンコク市内でも象を見られる場所はいくつかありますが、ここのスケールとは大違い! なんとここで暮らす象の数はなんと100頭以上!! 子象からおじいちゃん、おばあちゃん象までたくさんの象達が優しく迎えてくれるのです。

大自然の中を象の背中にのってお散歩しよう!

象の背中にのって山道を散歩するエレファントライディングが大人気! かなり揺れる場所もあるのでスリリングな体験ができるハズ。 象の背中にのって山道を散歩するエレファントライディングが大人気! かなり揺れる場所もあるのでスリリングな体験ができるハズ。

象にエサを与えたり、一緒に写真が取れるなど色んな体験ができるエレファントキャンプですが、ぜひTryして欲しいのがエレファントライディング。バンコク市内やアユタヤなどで体験できるライディングは平坦な道をのんびりとお散歩しますが、ここでは起伏のある山道を進んで行くのでスリル満点! 入場料とは別に30分で500バーツ(約1900円)〜がかかりますが、チェンマイの大自然を特別なシチュエーションで感じられる象散歩ができるのはここだけなので、ぜひ体験してみてくださいね。

水浴びをするかわいい象の姿に悶絶!

象がお絵描きする姿が見られるショーは必見! 世界で1番大きな絵を描いたとしてギネス記録も持っている象たちの素晴らしい筆さばきをご覧あれ☆ 象がお絵描きする姿が見られるショーは必見! 世界で1番大きな絵を描いたとしてギネス記録も持っている象たちの素晴らしい筆さばきをご覧あれ☆

ここはメーサー渓谷にあるので、雄大な川で水浴びする象達の姿を眺めることもできます。象の機嫌がよければ長い鼻からピューッと水を噴水のように見せてくれることも♪ ヨチヨチ歩きの子象が母親のあとを追ってぎこちなく水浴びする姿や、気持ち良さそうに寝そべる象の姿など、自然の姿により近い光景を見ることがきるとあって観光客も大喜び! 調教師体験ができるコースもあるので、象の水浴びをお手伝いしている外国人観光客の姿も見られました。

絵を描く象、サッカーする象、芸達者な象があちこちに!

観客席から選ばれた人とダーツ対決! 「我こそは負けない!」という人はぜひアピールして体験してくださいね! 観客席から選ばれた人とダーツ対決! 「我こそは負けない!」という人はぜひアピールして体験してくださいね!

ここで見逃したくないのが1日3回行われる象たちのショータイム。お絵描きショーでは器用に鼻で筆を持って象たちが水彩画を描き上げる様子が見られるのですが、この水彩画…なんと1枚3000バーツ(約1万円)以上で売られるというから驚きです! ほかにも観客と対決するダーツゲームやPK対決があったり、バスケットのフリースローを見せてくれたり…と見どころたっぷり♪ 観覧席は自由席なので早めの場所とりがオススメです♪

☆Data☆

キャンプ内にはチェンマイに住む色んな部族たちの民族衣装をまとった子供達の姿も。一緒に写真を取ってくれるので、そのときは少しチップをあげてくださいね。 キャンプ内にはチェンマイに住む色んな部族たちの民族衣装をまとった子供達の姿も。一緒に写真を取ってくれるので、そのときは少しチップをあげてくださいね。

Maesa Elephant Camp(メーサー・エレファントキャンプ)
住所: 119/9 Tapae Rd. | Mae Sa Subdistrict, Mae Rim 50100, Thailand アクセス:チェンマイ市内から車で約30分 
料金大人:120B(約480円)、子供:80B(約320円)
TEL:053-206-247 
チェンマイ市内の旅行会社ではホテルの送迎とランチなどがセットになったツアーも多く販売しています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/07/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索