マンゴーがおいしい4月頃にしか食べられないタイのデザート

ぴかぴかと輝く山吹色のマンゴーとつやつやのもち米で作った「カオニャオ・マムワン」を食べたことがありますか? カオニャオ・マムワンはマンゴーがおいしい4月頃しか食べられない、期間限定のデザートです。タイ北部の古都チェンマイで初めて食べたとき、「この組み合わせを思いついたタイ人って、すごい味覚を持っている民族だ!」と打ちのめされました。私にはカオニャオ・マムワンはそれぐらい衝撃の味でした。

衝撃のおいしさにびっくり!マンゴーともち米で作るタイのデザート 衝撃のおいしさにびっくり!マンゴーともち米で作るタイのデザート

甘くて、すっぱくて辛い衝撃の味付けなのにおいしい!

カオニャオ・マムワンはココナッツミルク味のもち米にマンゴーをのせたものです。そこに塩味をきかせたココナッツミルクをかけて食べます。とにかく見た目が強烈に甘そうですが、食べてみると、意外や意外、甘さが気になりません。マンゴーのさわやかな酸味が、もち米の甘さを和らげるとも引き立てるともいえます。そこに塩味が加わり、なんとも言えないおいしさが口の中で広がります。軟らかいマンゴーと、もちもちのもち米の食感も絶妙です。

タイ人が好きな味とはどんな味?

タイ人は甘い、辛い、しょっぱい、苦い、酸っぱいなど、複雑に混じり合った味付けを好みます。日本にもあんこの甘さをひきたてるために、隠し味で塩を入れることはよくあります。タイ人好みの複雑な味はこんなものではないんです。切り売りフルーツの屋台で青いマンゴーやグアバを買うと、必ず唐辛子入りの砂糖がついてきます。酸味がきいた果肉と唐辛子、砂糖、どれも自己主張をはっきりしているのに、なぜか相性ばっちりです。いつのまにか、この唐辛子入りの砂糖でないと、もの足りなくなってきます。

カオニャオ・マムワンが危険な訳

こんな複雑な味を好む民族だから、カオニャオ・マムワンを発明できたんですね。マンゴーだけで十分おいしいのに、ぜいたくですね。このカオニャオ・マムワン、日本人が想像もできない衝撃のおいしさなのは間違いないのですが、重さも相当なものです。ただでさえ重いもち米にココナッツミルクをしみこませ、ねっとり重いマンゴーをのせ、ココナッツミルクのソースもかかっています。デザートの域を軽々と越え、主食の域です。カロリーの高さも恐ろしいほどです。それでもカオニャオ・マムワンを知ってしまうと、また、食べずにはいられなくなります。カオニャオ・マムワンって本当に危険なデザートです。