チェンマイの名物麺料理といえば、カオソイ!

チェンマイはタイの北部にある観光都市で、かつてタイの北部を中心に栄えたランナー王国の首都でもありました。建築様式や、工芸品、服飾などにおいてタイとミャンマーの文化が融合した独自の文化スタイルを築き上げたランナー王国。料理にもこの地方独特のものがたくさんあります。そんなチェンマイの名物料理の1つがカオソイです。タイ北部の郷土料理で、ひとことでいうとチェンマイスタイルのカレーラーメンといえるでしょう。

タイ北部の郷土料理のカオソイは、カレー風味のヌードル タイ北部の郷土料理のカオソイは、カレー風味のヌードル

ラーメン好きにも、カレー好きにもおすすめの絶品です

タイ料理には、さまざな種類の麺料理がありますが、カオソイの場合は使われる麺もスープの味付けも他の麺料理とは一味も二味も違っています。カオソイの麺は黄色い平打ち麺。湯がいた平打ち麺をどんぶりに盛ったら、そこにカレー色のスープとココナッツミルクをたっぷりと入れます。最後に、カリカリに揚げた麺をのせたら完成です。スープは香辛料がたっぷりと入ったカレー風味ですが、ココナッツミルク入りなのでマイルドな仕上がりです。日本のカレーヌードルのようにスープのとろみはほとんどなく、ココナッツミルク入りでサラサラ。パンチはあるけどまろやかさもある独特の味はクセになるおいしさです。カオソイの具のお肉の種類は店によって、チキン、ポーク、ビーフとさまざまです。ドラムスティックのチキンがどんとのっている店もあります。ラーメン好きにも、カレー好きにもカオソイはおすすめです。

通は、薬味にもこだわる

タイのヌードルといえば、ミントやパクチーなどのハーブ系の薬味がつきものですが、カオソイの薬味はちょっと違っています。定番は、高菜の漬物、小さい紫玉ねぎ、ライム、チリペーストです。チリペーストを入れなくてもスープは十分スパイシーなのですが、辛いのがお好きな方はお好みで入れてください。その他の高菜の漬物、小さい紫玉ねぎ、ライムなどはスープに酸味を加えてくれ、スパイスとココナツで濃厚なスープが最後までさっぱりといただけます。通っぽく薬味もたっぷりと味わってくださいね。タイ北部の名物料理であるカオソイ。バンコクではなかなかお目にかかれないのですが、チェンマイ市内には、カオソイが食べれるお店がたくさんあります。店ごとに違う味わいが楽しめるので、食べ比べするのも楽しいですよ。

薬味も一緒にいただくとおいしさの幅が広がります 薬味も一緒にいただくとおいしさの幅が広がります