ケシの栽培からコーヒー栽培への転換

ラオス、ミャンマーと国境を接するタイ北部の山岳地帯は、かつて「ゴールデントライアングル」と呼ばれ、麻薬の原料となるケシが栽培されていました。それは、違法ではあったもののの北部の貧しい農村の貴重な収入源でもありました。しかし、そのため治安は悪化し、森林伐採などの問題も深刻化、ますます北部を貧困に陥れているような状況でした。その問題の解決のために発足されたのが、王室プロジェクト。そのプロジェクトの一つがケシ栽培に変わる商品作物としてコーヒーを導入することでした。導入されたのは、栽培は難しいが味や香りに優れたアラビカ種。今では、タイ北部は、良質なアラビカ種の産地として注目されるようになってきました。

タイ産のコーヒーが味わえるカフェも続々登場

現在、タイは、コーヒー豆の生産量は東南アジアで第3位ですが、生産されるコーヒー豆の大半はロブスタ種。ロブスタ種は主に、缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われるもの。一昔前のタイでは、コーヒーといっても、ミルクと砂糖たっぷりの甘ったるいコーヒーにしかありつけず、コーヒー好きをうんざりさせたものです。が、それはもう過去の話! スターバックスなどの国際的チェーン店のカフェをはじめ、 地元のローカルカフェも続々オープン。中には、タイ産のアラビカ種のコーヒー豆を使ったコーヒーを売りにしているお店も出てきました。特に、タイ北部の観光地であるチェンマイには、地元のタイ産のスペシャリティコーヒーを提供するコーヒ専門店も数多くあります。

最近のタイのカフェはかなりのハイレベル 最近のタイのカフェはかなりのハイレベル

タイ旅行のお土産にタイ産のコーヒー豆はいかが?

タイ産のアラビカ種コーヒー豆は、他のコーヒー生産国に比べてまだまだ生産高は少なく、日本国内で扱っている業者も少ないのが現状です。でも、日本では入手しにくいからこそ、価値が出てきます。そんな訳で、コーヒー好きな人へのお土産にはオススメです。タイ産のコーヒーが飲める専門店では、ほとんどの場合豆売りもしてくれます。王室プロジェクトのコーヒー豆として有名な、「ドイトンコーヒー」や「ドイチャンコーヒー」ならショッピングモールに入っているような大手スーパーや空港でも売っています。最近めきめきと質を上げ、世界的にも注目され始めたタイコーヒー。ぜひ、日本でも多くの人に味わってもらいましょう。