チェンマイ周辺で食べられている北タイ料理とは

タイ料理と一言でいっても、実は地域によって代表的な料理や調理法は違ってきます。タイ北部に位置するチェンマイやチェンライで食べられているタイ料理は、北タイ料理と呼ばれています。バンコクを中心とするタイ中部とは違い、北タイでは白米ではなくもち米(カオニャウ)がよく食べられます。またミャンマーと隣接していることからミャンマー料理の影響も強く受けています。バンコクではなかなかお目にかかれない珍しい料理もありますので、チェンマイやチェンライを訪れたら、ぜひ北タイ料理を味わってみましょう。

チェンマイ風カレーヌードル、カオソイ

タイのヌードルといえば米の麺を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、チェンマイ名物のカオソイの麺は、黄色い平打ち麺。これを、スパイスとココナッツミルクがたっぷり入ったカレー風味のスープでいただきます。日本でいうカレーヌードルとは違い、サラサラとしたスープです。ココナッツミルクのまったり感とスパイスのパンチが効いていて、一度食べたらやみつきになる人も!通は、ライムをキュっと絞って、紫玉ねぎと高菜風青菜の漬物と一緒にいただきます。

最後に揚げた麺をのせていただくのが定番スタイルです 最後に揚げた麺をのせていただくのが定番スタイルです

スパイスとハーブが絶妙なチェンマイソーセージ、サイウア

俗にチェンマイソーセージともいわれているのが、サイウアというソーセージ。唐辛子に加え、レモングラスやパクチー、バイマックル(コブミカンの葉)などのハーブが入っていて、それが絶妙な味わいを生み出しています。唐辛子のピリ辛さとハーブのさやわかな香りが絶妙にマッチ。炭火で焼かれたサイウアはビールのつまみにもピッタリ。カオニャウ(もち米)との相性もバッチリです。

30〜40センチと長いソーセージを炭火焼していだきます 30〜40センチと長いソーセージを炭火焼していだきます

ミャンマー風ポークの煮込みカレー、ゲーンハンレー

ミャンマー料理の影響も強く受けている北タイ料理ですが、その代表的なものがゲーンハンレーです。豚肉を柔らかく煮込んだカレーで、豚の角煮のカレー版と言えるくらいこってりとした味わいです。一般的なタイ料理に比べると辛くないので、日本人には食べやすいのでは?生姜とレモングラスがたっぷり入っていて、タイらしい味を出しています。一緒に食べるご飯は北タイらしくカオニャウ(もち米)がオススメです。(その2に続く)

生姜の辛さが効いているゲーンハンレー 生姜の辛さが効いているゲーンハンレー