外国人も滞在しやすい、タイ北部のチェンマイ

タイ北部にあるチェンマイは、バンコクに次ぐタイの大都市ですが、日本人の感覚からすれば“大都市”というほどではなく、普通の地方都市ぐらいの規模です。バンコクに比べると、そのローカルな雰囲気は一目瞭然。渋滞もなく、のんびりしたものです。このチェンマイは観光都市でもあるので、レストランやホテルの数は多いのですが、供給過剰気味なのでどこもバンコクに比べると安く、治安もいいし、物価も安い。ということで、ここには長期滞在やリタイアした外国人が多く住むことでも有名です。今回はそんなチェンマイで、ライブ・ミュージックが聴けるお店を紹介します。基本的にノーチャージで、オーダーのみです。

チェンマイのナイトライフを楽しむ。ライブ・ミュージックが聴ける店へ その1 チェンマイのナイトライフを楽しむ。ライブ・ミュージックが聴ける店へ その1

ポップスが中心でうまいバンドが出演する「グッドビュー」

まず入門編。時間帯が早い夜7時ぐらいなら、町の東を流れるピン川沿いのレストランに行ってみましょう。ナイトバザール方面からならならワット橋を渡って左(北)へ3分ほど歩くと、川沿いに生演奏を聞かせるレストランが何軒か並んでいます。その中でも一番規模が大きいのが「グッドビューGood View」です。川沿いの“グッドビュー”の席もありますが、今回は生演奏を聴くのが目的なので、あえてバンドの前の席に座ってみましょう。ここのレギュラーバンドはいくつかあるのですが、たいていメンバー全員がリードボーカルが取れ、しかもみなうまい! 曲はダンサンブルなポップスが多いですが、お客の様々なリクエストに応えていくようで、ロックからファンキー、タイポップスまで幅広いです。何しろライオネル・リッチーの「オールナイト・ロング」、アバの「ダンシング・クイーン」といった懐メロから、オアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」まで同じバンドが演奏するのですから。基本はレストランですが、ドリンクだけでもOK。チャージはかかりません。

チェンマイでジャズを聴くならここ!「ノースゲート」

「ロックじゃなくて、ジャズを聴きたい!」という人におすすめなのが、旧市街の北門にある「ノースゲートNorth Gate」です。ここは地元では有名な老舗で、ライブは毎晩21時30分ぐらいからで40分2ステージ行われます。ここもノーチャージ。食べ物はなく、カウンターで現金払いで飲み物を買って適当な席に座って聴きますが、オープンな造りなので、やってきた屋台から食べ物を買っている人もいます。4ビートジャズの日もあれば、フュージョンぽい日(チック・コリアの「スペイン」などをカバー)もありますし、ボーカルを入れてソウルを演奏する日もあると言う感じです。在住の外国人がよく楽器を持って来て、セッションしています。