page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

タイの観光地/チェンマイでおすすめの庶民の活気を感じる市場3選


庶民のパワーを感じる市場は健在!

タイ北部に位置する古都チェンマイは、おしゃれなアートの街として注目を集めています。街中にはおしゃれなカフェや、ブティックホテル、アートなショップも増えました。そんなおしゃれなチェンマイですが、庶民の暮らしを支えているのは昔ながらの市場です。アートな通りを散策するのも楽しいのですが、ローカルな現地の人々の暮らしを垣間見たいならやっぱり市場は外せません。今回は比較的ツーリストでも行きやすい立地の3つの市場をお勧めします。

チェンマイの「大きな市場」、ワローロット市場

観光客や地元の人でいつも賑わうワローロット市場 観光客や地元の人でいつも賑わうワローロット市場

大きな市場を意味する「ガートルアン」と呼ばれることもある巨大市場ワローロット市場は、100年以上の歴史を誇ります。旧市街の東側、ピン川のほとりに位置する市場でチェンマイを代表する市場です。ここでは庶民の日々の生活に必要なあらゆるものが手に入ります。果物、精肉、魚、野菜、乾物、お茶といった食材からお惣菜、金物、籠、衣料品など。地元の人はもちろん、観光客も多く訪れるため、チェンマイの民芸品や、ご当地食材、名産品などお土産を扱う店も多くあります。フードコートも併設されているので、小腹が空いたら、ヌードルやソムタムなどタイ料理をつまむのもいいですよ。隣には同じくらい大きなトンラムヤイ市場もあり、半日なんてあっという間に過ぎてしまうことでしょう。

旧市街のなかのミニ市場、ソンペット市場

小さい市場だけどタイの食文化を垣間見ることができる 小さい市場だけどタイの食文化を垣間見ることができる

街中のあちこちにたくさんの市場があるチェンマイ。ツーリスト向けゲストハウスやレストランがある通りを歩いていると、ひょっこりと市場が現れたりするのが面白いのです。旧市街の中にある小さな市場、ソンペット市場はそんな市場の一つです。有名なターペーゲートより北に約500m。バックパッカーが多いエリアにある市場で、小さいながら、野菜や、果物、お惣菜、衣料品、お茶やスパイスなどが売られています。場所柄かお茶を売るお店のスタッフは、若いタイ人で英語もOK。わざわざ遠くの市場に行かなくても、チェンマイの市場の雰囲気を垣間見るにはちょうどいいかもしれません。

完全地元民仕様のタニン市場

観光客の姿はほとんど見られないローカル度の高い市場 観光客の姿はほとんど見られないローカル度の高い市場

観光客相手でなく、完全に地元の人向けの市場を覗いてみたいという人であれば、タニン市場へ足を運んでみましょう。旧市街の北の門、チャーンプワックゲートより北に向かって約1キロ。市場としての規模はかなり大きく、主に野菜や、果物などの食材やお惣菜を売る店が並んでいます。食堂街もあるので、地元の人に混じってタイ飯を食べるのもよし。周りには衣料品やおもちゃを売る店もありますが、品揃えは完全に地元住民向け。そんなローカル感を味わいたい人にはオススメの市場です。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/09/09)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索