観光スポット「スアンドーク寺院」の旅行情報

観光スポット「スアンドーク寺院」の旅行情報

スアンドーク寺院

名称:スアンドーク寺院(タイ/チェンマイ
ジャンル:観光スポット

古都チェンマイの旧市街の西に建つ寺院。スアンドーク寺院が建設された14世紀当時のタイ北部はランナー王国と呼ばれ、チェンマイを都として独自の文化を誇っていた。スアンドーク寺院の広々とした境内には白い仏塔が何本も並んでいるが、これはランナー王国歴代の王の遺灰を祀ったものだ。また、巨大な本堂の中には青銅製の大仏が安置されていて見ごたえがある。ちなみにスアンドークとは「花園」の意味。この寺院は当初ランナー王朝の庭園として造られたことから、今もその名が残されている。

ここに行くツアーを探す

スアンドーク寺院に関する写真

現地ガイド発!チェンマイの観光スポット最新情報

2017/12/19 観光地・名所

チェンマイの景色も一望できる、黄金の寺へ行こう!

チェンマイ旅行イメージ-人々の篤い信仰の対象となっている仏塔の高さは22メートルもあり迫力満点! 人々の篤い信仰の対象となっている仏塔の高さは22メートルもあり迫力満点!

タイの北部に位置するチェンマイは、バンコクよりも気温が低く湿度も高くないので過ごしやすい観光地として日本人にも人気の場所。また数多くの寺院があることで有名で、観光にはお寺巡りが欠かせません。中でも今回ご紹介する「ワット・プラタート・ドイ・ステープ」はチェンマイに来たら必ず訪れて欲しいお寺です。どこもかしこも黄金に輝くこのお寺はパワースポットとしても有名で、タイ国内はもちろん、世界中から観光客が参拝に訪れる場所なのです。続きを見る



チェンマイ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


チェンマイ旅行で見たいイベント

 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

スアンドーク寺院への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。