page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

チェンライグルメガイド

チェンライのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

ラオス、ミャンマーなどの国境へも近いチェンライでは、レストランや食堂でも隣国の影響を受けた北タイ料理のメニューが多い。北タイ料理の特徴は、基本的にはカオニャオと呼ばれるもち米を主食にし、揚げ物など脂っこい料理が多いことだ。そのほかにもメインの料理に生野菜をよく添え、熟していないパパイヤを使ったサラダのソムタムもよく食べる。また、ミャンマー料理の影響でカレー風の味付けも多い。北タイ料理専門レストランもあり、グルメならぜひ一般のタイ料理とはひと味違った食事を味わってみよう。(2015年編集部調べ)


チェンライのレストラン・屋台

庶民的な屋台や食堂から、高級ホテル内の高級レストランまで、さまざまなバリエーションの食事が楽しめる。チェンマイほど多くはないが、西洋料理、日本料理、韓国料理などの各国料理レストランもあるほか、地元料理である北タイ料理をメインにした専門店もある。レストランが多いのは市の中心部にあるナイトバザール周辺。ナイトバザールではフードコートのように、いろいろな種類の屋台料理を、気軽に少しずつ食べることができる。

チェンライの水・お酒

基本的には生水は飲まずに、ミネラルウォーターを飲むこと。ペットボトルに入った水は商店やコンビニで買える。コーラなどの炭酸飲料も一般的で、水と同様に買える。また、チェンライ周辺はタイ有数のコーヒーの生産地。特にチェンライの北にあるドイトゥンのブランドは全国的に有名で、そのドイトゥンコーヒー専門のカフェもあり、店内ではコーヒー豆の販売もしている。お酒は屋台を含め、ほとんどのレストランでビールやタイウイスキーを提供している。


現地ガイド発!チェンライのグルメ・料理最新情報

2020/06/03 グルメ

海外旅行タイ編2020/食べやすい!美味しいタイ北部料理

チェンライ旅行イメージ-チェンライ市場のお惣菜屋台。後ろの列の右から二番目がケーン・ハンレー、左から2番目がケーン・ホ。ケーン・ホは北タイ名物のごった煮 チェンライ市場のお惣菜屋台。後ろの列の右から二番目がケーン・ハンレー、左から2番目がケーン・ホ。ケーン・ホは北タイ名物のごった煮

名物のチキンカレー麺は辛いですが、辛すぎません。酸味があるソーセージや地元産の本格的なコーヒーも美味しい。そしてタイの首都であるバンコクに負けないぐらいタイ料理の種類も豊富。タイ北部の都市を代表するチェンマイやチェンライは、食べることが大好きな旅人にとって、最高の場所かもしれません。チェンマイは、13世紀から18世紀にかけてタイ北部を統治したラーンナー王朝の都だったところです。最北の県であるチェンライは、ラーンナー王朝の最初の都でした。かつての都と言えば、その当時、最も豊かな食文化が花開いたところ。その豊かな食は脈々と受け継がれ、現代にいたるまで美味しい料理が食べられるのは、当たり前と言えば、…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


チェンライグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるチェンライの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
チェンライのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!