タイ最北の県、チェンライの魅力とは?

車が多すぎず、都会すぎず、それでいて田舎すぎず、ほど良い環境がチェンライの魅力です。チェンライは、タイ最北の県です。古都チェンマイはロングステイの日本人が多い町ですが、チェンライも毎年、日本人が増えています。日本食屋さんも多く、そこそこのお金さえ出せば、チェンマイは日本のものが手に入る便利な町です。さすが、タイ第二の都市だけのことはあります。そのチェンマイからバスで北に3時間も離れているチェンライは、チェンマイより静かに過ごしたい人に人気があります。

チェンライ中心部の市場から自転車で約15分 チェンライ中心部の市場から自転車で約15分

チェンライのスーパー、ビッグCに行くのはドキドキ!

かつてチェンライにあった大きなスーパーと言えば、ビッグCだけでした。大きなスーパーはロングステイする外国人には、重要です。チェンライのビッグCの中にはKFCやタイスキのMKも入っていますが、アクセスが難点でした。国道1号線沿いにあり、ゲストハウスから自転車を借りて行く時はまだよいのですが、帰りが怖いのです。車がガンガンやってくる国道を横切り、反対側の道路まで行くのが大変でした。

セントラルができて、チェンライの生活が一層便利になった訳

そんなチェンライに3年前に大型ショッピングモールのセントラルプラザができました。ビッグCに近い場所にありますが、国道沿いではないので、自転車で行っても道路の横断が簡単! これで交通事故にあう危険がだいぶ減りました。しかもセントラルプラザにはトップススーパーとロビンソンデパートが入っています。ロビンソンはタイ資本で、ちょっとおしゃれだといわれているデパートです。3階には、しゃぶしゃぶやお寿司が食べられる日本食のビュッフェもあります。トップススーパーが入っている地下1階にはヤマザキベーカリーもあるんですよ。これはかなり助かります。

ロングステイの日本人が抱える食の問題が解決!

おいしい食べ物が多いタイですが、外国人にはタイのパンは好みが分かれることで知られています。パンのことをタイ語で「カノム・パン」と言います。「カノム」とはおやつ。タイではパンはおやつなので、ふわふわと軟らかいものばかりです。日本人に人気の食パンやフランスパンなど、しっかりした生地のパンが少ないのです。ヤマザキベーカリーなら、そんなパンもお手軽な値段で買えます。セントラルプラザができて、チェンライロングステイの日本人の生活は、ますます便利に快適になりました。チェンライに住む日本人がますます増えそうな予感がします。