カンチャナブリグルメ・料理ガイド

カンチャナブリグルメガイド

カンチャナブリのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

バンコクから定番の日帰り観光地だが宿泊客も少なくなく、クウェー(クワイ)川沿いにあるレストランは、毎夜多くの観光客でにぎわっている。外国人観光客が多いので、たいていのレストランにはタイ料理のほかに西洋料理や中華料理のメニューがある。カンチャナブリらしいのが川に浮かぶ水上レストランで、グルメには川魚や川エビのグリルといった魚介類が人気のメニューだ。見どころのクウェー川鉄橋のすぐそばにあるレストラン「フローティング」からは、鉄橋を通過する列車を眺めながらの食事もできる。(2015年編集部調べ)


カンチャナブリのレストラン・屋台

観光客向けのレストランや食堂の多くは、クウェー・ヤイ川沿いのメナム・クウェー通り沿いと、クウェー川鉄橋付近にある。鉄橋付近の水上レストランがにぎわうのは、列車が通過する夕刻から夜にかけての時間帯だ。一方、メナム・クウェー通りは、北側が地元タイ人向けのレストラン、中央が外国人向けレストラン、南側が深夜まで開くバー街と分かれている。高級レストランはないが、バンコクに比べると値段は安めで、入りやすい雰囲気だ。定額(300円程度)で食べ放題のモーカタ(焼き肉&鍋)の店もあり、地元タイ人に人気。

カンチャナブリの水・お酒

タイでは基本的には生水は飲まずに、ペットボトルに入ったミネラルウォーターを飲むこと。コーラなどの炭酸飲料も一般的だ。お酒は屋台を含め、ほとんどのレストランでビールやタイウイスキーを提供している。ビールはタイ国産のシンハやチャン、レオが主要な銘柄。タイ産のウイスキーやラムはハーフボトルが基本で、レストランやバーではボトルと氷、割り用のソーダやコーラがセットになっている(2〜3人用で700〜1000円程度)。クウェー川沿いにはバーが並び、夜になると活気を見せる。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カンチャナブリグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるカンチャナブリの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
カンチャナブリのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!