カンチャナブリショッピング・お土産ガイド

カンチャナブリショッピング・お土産ガイド

カンチャナブリのショッピング情報

土産物屋の大半は、観光客が必ず訪れるクウェー川鉄橋周辺にある。駐車場周辺が土産物屋街になっており、タイ雑貨のほかに、工芸品、金製品や宝石を扱う店、アクセサリー、陶器、ドライフルーツなどの食品、Tシャツ、キーホルダーなどの小物類等、さまざまな品物が雑多に売られている。ただしカンチャナブリの特産というものは少なく、センスの良い小物はバンコクのほうが種類も品数も多いので、そちらで時間があればわざわざ買うことはないだろう。(2015年編集部調べ)


カンチャナブリの特産品・ブランド

地方の小都市ということもあり、高級品を扱うブランドショップはない。商店での品数も限られているので、きちんとした品物を買いたいなら、バンコクで買った方がいいだろう。カンチャナブリ県の特産品としては、サファイヤやオニキスをはじめとする宝石が知られている。ただし、質やデザインのいいものとなると、やはりバンコクの専門店に分がある。他にここでしか売っていないものとしては、クウェー川鉄橋や鉄道がデザインされたTシャツやキーホルダーぐらいだろう。

カンチャナブリの市場・免税店・お買い物スポット

町の繁華街はバンコクからのバスが発着するバスターミナル周辺。食料品市場や小さなショッピングモールなどもあり、一般的な日用品を買うには困らない。また、旅行程度に必要な日用品なら、市内各所にあるコンビニでも買うことができる。ただし土産物を買うなら、クウェー川鉄橋付近にある土産物屋街に行った方がいい。また、カンチャナブリ鉄道駅前では毎夜ナイトバザールが開かれている。地元向けで日用品が主だが、素朴な手作り品なども出ることがあるので、機会があったらのぞいてみては。


カンチャナブリ旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/27)


■カードひとくちメモ

観光客が多く集まるエリアでは、あらゆるところでカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)が使えます。大型デパートのサイアムパラゴンやセントラルワールドはもちろん、ホテルやマーケットのアジアティークやチャトゥチャックウィークエンドマーケットでさえも、カード払いOK。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。

空港からの交通機関では、リムジンサービスはカードで支払いが可能。
タクシーやTSスカイトレイン、エアポートレイルリンク、MRT地下鉄などの公共機関ではまだ現金のみ。ローカル向けのストリート屋台も、現金決済。現金が必要な場合、積極的にATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドのマークが入っている現地ATMであれば、カードを使ってバーツが引き出せます。

ATMはスワンナプーム国際空港の1階、2階、4階にあります。空港の建物の外にもATMは設置されています。
バンコク市内でATMを探すなら、デパート、コンビニの入口、オートーコー市場、駅へ。サイアムコマーシャル銀行、スクンビット33通りにあるカシコン銀行(通称Kバンク)、バンコク銀行のATMなら、日本語に対応しています。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


カンチャナブリショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるカンチャナブリの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
カンチャナブリのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!