スコータイから公共のバスで行く場合

「シー・サッチャナーライ遺跡」その3からの続きです。スコータイ市街からバスで行く場合、乗車時に運転手に「シー・サッチャナーライの遺跡に行きたい」と告げると、街道沿いで降ろしてくれます。何も言わないと、そのまま12km離れた同名の新市街に行ってしまうので注意です。スコータイから所要1時間半ほど。降車地点はバスターミナルではなく、道端です。降りると目の前に、レンタサイクル屋があります。ここから遺跡まではまだ3kmほど離れており、ここから自転車で行くことになるのです。歩くのは、日差しを考えると無理なのでやめましょう。

遺跡公園にあるワット・ナーン・パヤーの漆喰装飾。この時代のものでは貴重だ 遺跡公園にあるワット・ナーン・パヤーの漆喰装飾。この時代のものでは貴重だ

帰りのバスがなかなか来なくてハラハラ

バスで行ってレンタサイクルで遺跡観光を始めると、手前のワット・プラ・シー・ラタナー・マハタートから見学が始まるので、見て回るのに無駄がないといえるかもしれません。吊り橋を自転車で渡るのが、ちょっと怖いですが。帰りはここまでまた戻り、自転車を返して、街道を走るバスに乗ってスコータイに帰ることになります。戻りのバスは午後のみで、これも3本程度。最終バスは16時ごろですが、途中乗車なので時間は不確かです。私はバス利用で何度かシー・サッチャナーライに行ったことがありますが、バスが遅れ、来たのが17時過ぎということがありました。暗くなってくると、もうバスが来ない気がしてかなり心細かったです。その上、バスは手を上げないと止まってくれないので、その間、街道でずっと待機していないとならないんですよね。これも辛い。見逃してしまったら、スコータイに帰れなくなりますからね。

お金はかかるが車をチャーターして行くのが安心

なのでふところに余裕があるのなら、私は車のチャーターをおすすめします。車は公園内にも入れるので、ほとんど歩くこともありません。とても楽でした。車の手配は、宿泊ホテルなどに頼めばしてくれるでしょう。往復と現地での滞在時間を含めて、所要4〜5時間。料金は車種にもよりますが、私の時は1000バーツぐらい(3000円ちょっと)だったような気がします。スコータイ郊外のもうひとつの重要遺跡、カンペーン・ペッと合わせて観光する場合は、方向が逆なのでチャーターしないと1日では回れませんね。その場合は、所要8〜9時間、料金は2000バーツぐらいかかりました。暑い国なので無理なく遺跡観光を楽しんでください。あ、あと雨季に観光する方は、午後2時過ぎると雨がざっと降ることがあるのでご注意ください。そうなると、レンタサイクルでの観光は無理です(笑)。