観光スポット「スコータイ遺跡公園」の旅行情報

観光スポット「スコータイ遺跡公園」の旅行情報

スコータイ遺跡公園

スコータイ遺跡公園

名称:スコータイ遺跡公園(タイ/スコータイ
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1991年

タイ族による初の独立国家、スコータイ王朝の都があったタイ北部の街。タイ族とは中国南部から移住してきた民族で、この地域を支配していたクメール族から13世紀に独立してスコータイ王朝を建国した。タイ文字やスコータイ美術を生み、繁栄したが、15世紀に同じタイ族のアユタヤ王朝に吸収された。旧市街に無数に残る遺跡の中心となるのは、王室寺院ワットマハタート。スコータイ様式の特徴をもつ、睡蓮のつぼみをモチーフにした巨大な仏塔と大仏が有名だ。ほかにもクメール様式の塔堂が印象的なワットシーサワイ、スコータイ美術の傑作とされる天女と仏陀の壁面装飾が残るワットトラパントンランなど、重要な史跡が散在する。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!スコータイの観光スポット最新情報

2017/04/16 観光地・名所

タイのスコータイでのホテルエリア選び その3 エリアでなく、ホテルで選ぶのもOK

スコータイ旅行イメージ-いろいろ迷っても、一度は行きたいスコータイ遺跡。このワット・シーチュムの大仏は見てみたい いろいろ迷っても、一度は行きたいスコータイ遺跡。このワット・シーチュムの大仏は見てみたい

「タイのスコータイでのホテルエリア選び」その2からの続きです。日中は新市街からムアン・カオに向かうトラックバスが20〜30分おきに運行しているので、それほど不便ではありません。所要約30分。このトラックバスは行きも帰りも必ずバスターミナルを経由します。バスターミナルから新市街のホテルまでは2、3km離れているので歩けませんが、先に書いたトラックバスか、トゥクトゥクで行くことができます。新市街はいろいろ商店も多いので、2、3泊するならこちらのほうがいいかもしれません。また、シーサッチャナライやカンペーン・ペッといった郊外の世界遺産に行くにも、こちらのほうがバスターミナルに出やすくていいでしょう。…続きを見る



スコータイ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

スコータイ遺跡公園への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。