ヤオ島旅行・ヤオ島観光徹底ガイド

ヤオ島旅行・ヤオ島観光徹底ガイド

ヤオ島旅行・観光の見どころ・観光情報

パンガー湾に浮かぶ大小2つのヤオ島。より小さいヤオ・ノイ島は、比較的開発されていて、いくつかのリゾートホテルが点在する。中でもエコ&ラグジュアリーリゾートのシックスセンシズ・ヤオ・ノイはリゾーターの憧れだ。全室ヴィラ&バトラー付きのヴィラタイプで、自然と一体になったかの様な開放的な空間は完全プライベート仕様。シービューのヴィラからは、カルスト地形特有の石灰岩の島々がぽこぽこと浮かぶ景観が望める。優雅な休日のハイライトは、世界的に定評のあるシックスセンシズ・スパで至福の体験を。(2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/03/26現在) フライト時間 現地との時差
タイ語 THB 1 THB = 3.2224 JPY 約8.0時間 約-2時間

ヤオ島の人気問合せ情報

ヤオ島の最安値カレンダー

ヤオ島へ行くツアーを見る

ヤオ島旅行・観光の選び方

喧騒から離れ、自然のリズムでくつろぐ大人のリゾートでゆったり滞在

ヤオ島へ訪れるツアーは、シックスセンシズ・ヤオ・ノイのホテル指定で、ツアー期間は6日間が主流。スケジュールは夜便を利用して機内泊後、翌日中にリゾートにインするパターンが多く、復路も機中泊となるので現地泊は3泊。世界中のセレブからも愛されるエコ&ラグジュアリーリゾートに滞在するとなれば、観光に出かけるより、ホテルの中でリゾートライフを堪能するのが正解だ。ホテルが開催しているヨガ&ストレッチのアクティビティや、ネイチャー&マングローブウォークツアーなどのアクティビティに参加するのもいい。夜にはビーチで野外映画も楽しめる。(2016年9月編集部調べ)


ヤオ島のグルメ・伝統料理

ヤオ島のほとんどのステイ先に、タイ料理を中心としたインターナショナル料理をサーブするレストランがある。一方で開発の波とは無縁だったヤオ・ノイ島でも、近年、レストランや屋台が続々とオープン中。ビーチ近くに佇む雰囲気のいいシーフード店もお目見えしている。道路脇にあるローカル向けのタイ料理の屋台やレストランで地元の雰囲気を楽しんでみては?(2015年編集部調べ)

ヤオ島のショッピング情報

自然が主役のヤオ島、大型ショッピングセンターなどはなく、お買い物は期待薄。お土産は乗継地のバンコクなどで調達を。ヤオ島の名産は素朴そのもの。茹でたアンチョビを天日干ししたドライ・アンチョビは、ディップとして付けたり、スープに入れたり、シンプルにフライにすると美味。また、ハンディクラフト・ワークショップ・コ・ヤオノイでは、地元の竹やヤシ、銀を使った手作りの工芸品を製作&販売。(2015年編集部調べ)

ヤオ島の気温・降水量ベストシーズン情報

12〜3月が乾季のベストシーズン。気温の変動は少なく、平均最高気温は30〜33度、平均最低気温は20〜23度。服装は夏服でOK。(2015年編集部調べ)

ヤオ島の人気ツアー

ヤオ島旅行・ヤオ島観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook