世界遺産「ニサーのパルティア王国の要塞(ニサの要塞)」の詳細情報

トルクメニスタンの世界遺産・名所ガイド

Parthian Fortresses of Nisa

ニサーのパルティア王国の要塞

名称:ニサーのパルティア王国の要塞(トルクメニスタン
英語名称:Parthian Fortresses of Nisa
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2007年

中央アジア・古代パルティア王国の要塞

トルクメニスタン南西部に位置するニサーは、パルティア王国の重要な都市遺跡だ。紀元前3世紀中ごろから紀元後3世紀にかけ、この地域を支配していたパルティア王国初期の首都として栄えた。旧ニサーと新ニサーという2つの丘状遺跡から成り立っており、旧ニサーは、防御を重視した土の城壁が取り囲む約14万uの不等辺五角形の城塞跡で、40もの塔に守られるように、王城が建てられていた。2,000年もの間襲撃を受けなかったという。その北西約1.5kmに位置する新ニサーは、高さ9mの城壁内にある市街地だ。神殿、宮殿、貯水池などの遺構に加え、中央アジアと地中海方面を結ぶ文化や商業の交流エリアだったことを示す大理石の神像などが残っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


トルクメニスタンの世界遺産「ニサーのパルティア王国の要塞」についてご紹介します。ニサーのパルティア王国の要塞の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。