観光スポット「カリヤン・ミナレット」の旅行情報

観光スポット「カリヤン・ミナレット」の旅行情報

カリヤン・ミナレット

名称:カリヤン・ミナレット(ウズベキスタン/ブハラ
ジャンル:観光スポット

ミナレットはペルシャ語で光塔という意味。高くそびえ、最上部に窓があいているのが基本の形。中央アジアで最大といわれているカリヤン・ミナレットは、40数メートルあり、オアシスの町ブハラのシンボルとなっている。18〜19世紀には罪人を塔の上から投げ落としたため、「死の塔」と呼ばれたこともある。夜になると塔の上に火が点され、あたりを照らし出すこの「燈台」は、ハウズ(池)や食物のあるオアシスがまわりに開けているので、シルクロードを行くキャラバンの拠り所となった。日干しのレンガで作られた壁は、複雑な模様を浮かび上がらせ、見飽きることがない。

ここに行くツアーを探す

カリヤン・ミナレットに関する写真

ブハラ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

カリヤン・ミナレットへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。