page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「青の都サマルカンド」の旅行情報

青の都サマルカンド

青の都サマルカンド

名称:青の都サマルカンド(ウズベキスタン/サマルカンド
ジャンル:観光スポット

旧市街、新市街、ウルグ・ベク天文台跡の3つから成るこの都市はチムールが建設したものだ。アフラシャブの丘から町を一望すると、どのドームも青く輝いてみえる。これはチムールが特に青を好んだためとされている。とりわけサマルカンドのシンボル、チムール一族の墓であるグル・エミル廟とシャーヒ・ジンダ霊廟群の青さは格別だ。中央アジアで最大といわれるビビ・ハニ・モスクは、チムール自らが建築を指揮したとされている。巨大な六分儀があったウルグ・ベク天文台跡には博物館もあり、当時の天文技術の正確さを披露している。レギスタン広場にウルグ・ベクの作ったメドレセ(神学校)が残っている。

ここに行くツアーを探す

 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

青の都サマルカンドへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。