タシケントグルメ・料理ガイド

タシケントグルメガイド

タシケントのグルメ・伝統料理

ウズベキスタンの中ではロシア人の比率が一番高い都市で、ヨーロッパスタイルのレストランやカフェ、ファストフード店が市内に多い。また、外国人駐在員が多いことから外国料理のレストランもあり、とくに中華と韓国料理のレストランが充実している。ウズベキスタン料理を食べたいグルメには、旧市街やバザールへ行けばプロフやシャシリクの屋台が並んでいるので、散策しながらつまんでみるのもいい。このエリアにはチャイハネも多く、簡単な食事もできる。(2015年編集部調べ)


タシケントのレストラン・屋台

目抜き通りの「ブロードウェイ」周辺にカフェやハンバーガーなどのファストフード店、ラグマンやシャシリクなどの軽食を出す店があるほか、市内各所にレストランがある。ローカルな雰囲気に浸って食事がしたいなら、旧市街やバザールに行ってみよう。羊肉の串焼きのシャシリク、炊き込みご飯のプロフ、ミートパイのサムサなどの屋台が並んでいるほか、伝統的なチャイハネもあり、中央アジアを感じさせる料理が食べられる。変わった所では、タシケントの町を一望できるテレビ塔の回転展望台カフェがある。

タシケントの水・お酒

水道水は衛生面から飲まないほうがいい。ミネラルウォーターは売店やスーパーで買える。ガス(炭酸)入りとなしがあり、「入り」のほうが主流だ。観光地では冷えた水も売っている。飲み物はコク・チャイという緑茶、あるいはカラ・チャイと呼ばれる紅茶がよく飲まれている。緑茶といっても見た目の色は日本のほうじ茶のようだ。お腹をこわしてしまったときには、緑茶より紅茶がいい。お酒はビールが広く飲まれているほか、ワインやウォッカも普及している。


現地ガイド発!タシケントのグルメ・料理最新情報

2016/10/11 グルメ

中央アジアでおいしいキムチが食べられるわけとは?

タシケント旅行イメージ-民泊した集合住宅 民泊した集合住宅

ウズベキスタン旅行を考えている人にとって、もっとも大きな問題は、ソ連時代から続く、レギストラーツィア(滞在登録)のことです。宿泊するホテルなどで発行してしてくれる、小さな紙切れなのですが、これを持っていないと、警察に罰金を請求されたりするのです。しかも警察は、治安の問題もあって、よく声を掛けてきます。友人宅に簡単に泊まれないのは、このレギストラーツィアが発行できないからです。僕と妻がウズベキスタンのタシケント国際空港に到着した時、民泊のおばちゃんに声を掛けられました。朝食込みで2人で12ドルは格安です。しかもレギストラーツィアも大丈夫と太鼓判を押すのです。彼女の住む集合住宅は空港のすぐそば。早…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


タシケントグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるタシケントの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
タシケントのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!