page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ダラット旅行・ダラット観光徹底ガイド

ダラット旅行・観光の見どころ・観光情報

ベトナム中南部、海抜1500mの高地に位置するダラットは、フランス植民地時代に開発された避暑地。「東洋のプチパリ」とも呼ばれ、外国人旅行者はもちろん、ベトナム人ハネムーナーにも人気のスポットとなっている。観光のメインはダラット大教会をはじめとしたコロニアル建築の景観や、人々の憩いの場でもあるスアンフーン湖畔など。町には洒落たカフェも多く、にぎやかな大都市では味わえない雰囲気を、この高原リゾートで満喫できる。(2016年9月編集部調べ)

ダラットへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
ベトナム語 VND 1 VND = 0.00456 約7時間 約-2時間

ダラットの人気問合せ情報

ダラットの最安値カレンダー

ダラット旅行・観光の選び方

暑さを忘れられる高原リゾート地。スパや温泉プールを備えた高級ホテル滞在がおすすめ

ダラットへのツアーは、ホーチミンとビーチリゾートのニャチャンと組み合わせた3都市周遊型のものが人気だ。ツアー期間は1週間程度と、比較的ゆったりとした日程になっている。ベトナム人の新婚旅行先として人気だけあって、高級リゾート施設も充実している。ホテルステイを楽しんだら、ランドマーク的存在のダラット大教会などフランスの香りが残る町を散策してみよう。ダラットの名物はシカやイノシシなどの肉料理や、この地域でしか作れないイチゴ。お土産にはジャムもおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)


ダラットのグルメ・伝統料理

高原野菜や果物の産地として有名なダラット。ダラットのグルメといえば、特産品のアーティチョークだろう。鍋に入れたり、お茶にしたりヘルシーな食材として親しまれている。野生動物の肉料理もダラットの名物。シカ肉やイノシシ肉、ウサギ肉がポピュラーだ。いくつかのレストランで食事することができる。また、フランス食文化の名残であるフランスパンに新鮮な野菜やハム、パテなどを挟んだ「バインミー」は、ダラット産のワインと相性抜群だ。 (2015年編集部調べ)

ダラットのショッピング情報

ダラットのショッピングの中心は、ダラット市場。食料品や日用品、ダラットの特産品やローカル料理が食べられる食堂などもある。また、ダラット市場周辺、ロータリーからスアンフーン湖近くまで、毎日夕方からベトナム最大級のナイトマーケットが開かれる。衣類やアクセサリー、雑貨のほかに、食べ物を売る露店も多く、串焼きや温かい野菜スープは冷え込むダラットの夜にぴったり。上着を羽織って、ナイトマーケットに出掛けよう。 (2015年編集部調べ)

ダラットの気温・降水量ベストシーズン情報

ダラットのベストシーズンは、乾季の12〜4月。5〜11月が雨季で天気は変わりやすい。年間平均気温は18〜25℃。日中の服装は、日本の初夏と同様で良いが、朝晩は冷え込むので上着も忘れずに。 (2015年編集部調べ)

現地ガイド発!ダラットの観光最新情報

  • ダラットのオススメツアー

    ダラット旅行・ダラット観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook