日本人がベトナムで食べるのを忘れている料理

私は、カレーが大好きです。海外に行っても、カレーを見つけると、どうしても食べたくなります。辛いものは苦手な人が多いのに、タイの辛いレッドカレーやグリーンカレーだって、食べずにはいられません。顔に大汗をかきながら食べて、好きになっていきます。東南アジアでは、タイ料理ほどスパイシーな料理がないベトナムは、日本人の口にあう料理が多いことで知られています。ベトナムで日本人に人気が高い料理は、生春巻き、ベトナム版ビーフンのフォー、米粉で作ったお好みやきのバインセオなどなど。この中にベトナムのカレーは入っていませんが、ベトナムにもカレーがあるんですよ。

フランスパンがついてくるだけで、カレーがこじゃれた料理に早変わり! フランスパンがついてくるだけで、カレーがこじゃれた料理に早変わり!

べトナムの市場で売っているカレー

ベトナムにカレーがある証拠に、市場に行くと、カレー粉とカレーペーストがごく普通に売られています。カレー粉は、インド人のおじさんのラベルで、瓶入りのカレーペーストは、道教の神様のようなラベルです。ペーストはどうして、カレーと結びつかない中華系のラベルなのかは謎です。ちなみに、このカレー粉は、チリパウダーがたっぷり入っているので、お湯に溶かすと真っ赤になり、カレー粉じゃないみたいです。市場のおばさんに聞いたところ、地元の人のように粉とベースとをあわせて使うとおいしいそうです。

ベトナムではカレーのことをなんと呼ぶ?

さて、私の初ベトナムカレーはダラットで食べた「カーリー・ガー」です。ダラットはベトナム南部の高原にあります。ホーチミンと比べて、涼しいので避暑地としても、ベトナム人の新婚旅行の地としても有名です。このダラットで見つけた地元のお客でいっぱいのお店が、ベトナムカレーの専門店でした。「カーリー・ガー」の「ガー」は鶏肉のことです。ベトナムではカレーと言えば、鶏肉と組み合わせるものなので、チキンカレーなのです。具はじゃがいもやさつまいもです。

東南アジアのカレーらしくないベトナムカレー

お店に入ると、白い器にカーリー・ガーが出てきました。器の大きさに比べて、入っているカレーはやや少な目だから見た目が美しい。一緒に食べるのは、ごはんじゃないんです。フランスパンです。さすがベトナム! カーリー・ガーのお味は、タイカレーのように辛くもなく、ミャンマーカレーのように油っこくもなく、なんだか日本の昔のカレーみたい。さらっとしているので、スープカレーっぽく、フランスパンにつけて食べるのがぴったりです。フランスパンにつけて食べるって、なんだかおしゃれ! しかもあっさり味で、まさに日本人向き。カレー好きなら、ベトナムでカーリー・ガーをぜひ、試してみてくださいね!