page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ダナン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ベトナムのダナンでシーフード!海鮮食堂の歩き方


掲載日:2021/02/22 テーマ:グルメ 行き先: ベトナム / ダナン

タグ: おいしい 一度は行きたい 名物


ダナンでおいしいシーフードを体験するためにはどこへ行けばいい

異国のベトナム旅行でシーフードを堪能しよう 異国のベトナム旅行でシーフードを堪能しよう

ビーチリゾート地のダナン旅行ではシーフードも欠かせませんね。しかし、ダナンは比較的最近になって観光開発された都市のため、冷房付きのお洒落なレストランで安くておいしい海鮮を頬張るのはちょっと難しいです。ダナンで海鮮を楽しむ場合は、基本は食堂か屋台となります。いずれも注文の方法は同じなので、これらのお店に行く前に必ず注文の仕方や流れは覚えておきましょう。ちなみにダナンで海鮮料理を食べたい場合は、ミーケービーチ周辺で探すのがおすすめです。外国人旅行者が多いため、英語を話せるスタッフが在籍しています。

旅行者におすすめは大規模の居酒屋食堂

数百人収容の大型海鮮食堂 数百人収容の大型海鮮食堂

ミーケービーチ周辺にはご覧のような大規模の食堂レストランが幾つかあります。基本は屋外ですが、雨が降ってきたらプレハブの屋根が閉じますのでご安心ください。このようなお店はベトナムの居酒屋のようなもので、100を超える料理がメニューにあります。旅行者はシーフードメインでも構いませんが、ベトナムの名物や大衆料理も揃っていますので一緒に楽しんでいってください。ちなみにもっと小規模のローカル食堂もミーケービーチからノンヌォックビーチにかけて海沿いに幾つもありますが、値段が不透明でベトナム語ができないと厳しいため、ベトナムに慣れないうちから足を運ぶのはハードルが高い気がします。

日本とは違う!自分で生きた魚介を選ぼう!

水槽で直に魚介を選ぶことができるのがベトナムの特徴 水槽で直に魚介を選ぶことができるのがベトナムの特徴

日本では写真付のメニューを見て料理を選ぶのが普通かと思いますが、ベトナムでは水槽に泳いでいる魚介を自分で目で見て、好きなものを指さして注文することになります。小規模食堂の場合は逐一値段をスタッフに聞かなければなりませんが、大規模のお店であればホワイトボードや各水槽にキロ当たりの値段が書かれています。どのくらいの量を注文するかは自由ですが、試しに食べてみたい程度であれば、300〜500g程度を各種注文してみるのがいいでしょう。

いろいろな調理法を試してみて!

日本では食べられない種類の魚介も多い 日本では食べられない種類の魚介も多い

雄大な南シナ海が広がるダナンでは、日本では見たことがないような種類の魚や貝があります。カニやエビはダナンでも高値ですが、魚は安いので是非ご賞味ください。また、海鮮食堂では調理方法も自分で選択できるのがポイント。「焼く=Nuong」、「蒸す=Hap」、「生で食べる=An song」、「タマリンド和え=Xao me」、「揚げる=Chien」くらいは覚えておくといいでしょう。こちらが指定しなければ、その魚介に対して一番適切な調理法で料理してくれます。ちなみにタマリンド和えは酸味と濃厚な味わいがあり、魚でも貝料理でもおすすめできます。是非一度試してみてください。

関連情報

事前にお店は選んでおくのがおすすめ 事前にお店は選んでおくのがおすすめ

■ダナンの海鮮食堂
住所:ミーケービーチ周辺に複数店舗あり
アクセス方法:ミーケービーチから徒歩圏内
ポイント:街を歩いて行き当たりばったりのお店に入るよりは、事前にネットで口コミ評価の高いお店をピックアップしておくのがおすすめ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/02/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索