ベトナム、ラオス、カンボジアで共通の旅行者に人気のあの食べ物

「どの国のフランスパンが、一番おいしい?」って、東南アジアをまわってる日本人旅行者の間で、よく交わされる話題です。ベトナム、ラオス、カンボジアと言えば、かつてはフランスの植民地でした。今もフランスが持ち込んだ食文化が根付いています。フランスパンは、その代表のようなものです。フランスパンで作るサンドイッチは、その味付けにベトナムの魚醤、ヌックマムを使ったり、香菜を入れたりして、フランスと東南アジア食文化と結びついています。で、「このフランスパン、いったいどこの国のが一番、おいしい?」という話題になると、みんなベトナムと答えます。

ダナンのバインミーの味付けは、ホーチミンより辛目 ダナンのバインミーの味付けは、ホーチミンより辛目

ラオスとベトナムのフランスパンの違い

確かにベトナムのフランスパンは、ラオスやカンボジアに比べて、日本のテレビ番組で取り上げられる機会も圧倒的に多く、メジャーです。でも、私はラオス派です。ベトナムのフランスパンは、表面の生地が薄い分、湿度の影響を受けやすいのか、パリパリ感が足りません。ラオスのフランスパンはベトナムよりも大きさが豊富ですが、どれも表面の生地が分厚めです。しかもラオスの気候はベトナムより、ずっと乾燥しています。こころもちしっとり感があるベトナムのフランスパンに比べて、ラオスのフランスパンは、表面の生地がとにかくパリッとカリカリです。

ベトナムにもあるフランスパンがおいしい町

それじゃ、ベトナムのフランスパンが、どこで食べてもラオスより私好みじゃないかと言えば、そうでもないんです。ベトナムは南北に長い国なので、南北で人の性格も違えば、料理も異なります。フランスパンだって、地域ごとに違いがあります。ハノイのフランスパンは、ホーチミンのものに比べて、表面の生地が分厚めです。私好みのはずなんですが、ハノイは湿度が高いので、フランスパンもしっとりなのです。私のいちおしは中部の大都市、ダナンのフランスパンです。

ダナンのフランスパンとは?

ダナンはベトナム第3の都市ですが、古都のフエと世界遺産のホイアンに近く、ちょうど真ん中にあります。そのため旅行者は、ホイアンの次は、ダナンを飛ばしてフエに行ってしまいます。ダナンって、強烈にフランスパン好きの町です。町に出ているバインミー(フランスパンのサンドイッチ)の屋台の数も突出して多く、フォーを食べにいってもテーブルにフランスパンが積まれています。こんな町はほかにはありません。そしてダナンのフランスパンは、小ぶりで細く、先がピンと尖っています。ほどよく分厚い生地は、いつもパリパリで噛みごたえがあります。フランスパンにパリッとカリカリを求める人は、ダナンにフランスパンを食べに行ってみませんか!