page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ハノイ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ベトナムの首都ハノイ。オールドチックな町を楽しもう


掲載日:2017/11/13 テーマ:観光地・名所 行き先: ベトナム / ハノイ

タグ: 一度は行きたい 秋にオススメ 歴史


郷愁漂うハノイは老若男女問わず楽しめる観光エリア

ホアンキエム湖の湖畔で休憩するのも ホアンキエム湖の湖畔で休憩するのも

北部ハノイはベトナムの首都であり、南部ホーチミンに続き第2の観光都市として知られています。ベトナムと言えば南国の気候をイメージしがちですが、ハノイは温暖な気候で、1年を通して若干の四季があります。旅行に最適なシーズンは10月と11月。ハノイではこの時期は「秋」と呼ばれていて、降水量も少なく、また過ごしやすい気温が続きます。ハノイはホアンキエム湖を中心に散歩道や教会、博物館といった観光名所が市内各地に点在していて、老若男女楽しむことができます。

ハノイの象徴ホアンキエム湖で憩いの時間を

ホアンキエム湖のベンチに座っていると、現地人が声をかけてきてくれるかも ホアンキエム湖のベンチに座っていると、現地人が声をかけてきてくれるかも

中部ダナンではビーチ、南部ホーチミンではショッピングやスパが観光の代名詞ですが、ハノイはどうでしょうか。ホアンキエム湖の周辺は遊歩道となっていて、多くの現地人と外国人が日夜行き交っています。また、伝統エンタメの水上人形劇や、旧市街、ハノイ大聖堂といった観光名所も同湖から徒歩で行くことができます。夜には遊歩道がライトアップされ、人力三輪車のシクロや屋台、行商なども多数出没します。ベトナムらしさを感じられる時間となるので、単なる滞在の拠点としてではなく、湖自体を楽しんでいってください。

町の中心に佇む世界遺産

端門と呼ばれる楼閣 端門と呼ばれる楼閣

ハノイの町はかつてタンロンと呼ばれていました。その時代に築かれた王都がタンロン城。現在はユネスコ世界遺産に指定され、町の中心にその存在感を放っています。タンロン城の周辺はベトナム戦争を終わらせた国宝に認定された戦車が展示されている博物館や、ホーチミンの遺体が眠る廟などもあります。また、ホアンキエム湖北部にある旧市街は、このタンロン城の城下町であり、最大の商業都市だったとされています。ハノイ市内の観光エリアの大部分がかつては城下町であったと言われているから驚きです。ちなみに旧市街は世界遺産ではないものの、ベトナム政府の指定する歴史遺産となっています。いまでも当時と変わらない古き町並みを見ることができます。

ハノイ旅行では郊外を楽しむのもコツの一つ

バッチャン村では、雑貨店では見かけない陶磁器が並ぶ バッチャン村では、雑貨店では見かけない陶磁器が並ぶ

ハノイ旅行者の多くが訪れるバッチャン村は、ハノイ市郊外にある小さな村。アジアン雑貨の代名詞としても知られているバッチャン焼きは、この村で作られた陶磁器のみを指します。さらに日本人にも人気の郊外エリアが「ハロン湾」、「サパ」などです。ハロン湾はベトナム最大の世界遺産と呼ばれていて、広大な湾内に聳える大小数千の奇岩を鑑賞したり、鍾乳洞に入る体験などができます。クルージングツアーが人気です。また、中国との国境近くにある山岳地帯サパは、少数民族が暮らす町として観光客に注目されています。このように、ハノイ郊外には魅力的な観光地が多々あるので、市内観光だけで終えてしまうのは少しもったいないかもしれません。できれば1つか2つ、郊外エリアに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連情報

素朴な町並みがハノイのいいところ 素朴な町並みがハノイのいいところ

■ハノイ
アクセス:日本の各空港から直行便がでています。成田、羽田、関西、中部空港はデイリー運航。所要時間は約6時間。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索