page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ハノイ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

朝から夜までにぎやか!ハノイ旧市街を歩く


掲載日:2018/11/09 テーマ:観光地・名所 行き先: ベトナム / ハノイ

タグ: たのしい 一度は行きたい 歴史


ハノイ市内で最もにぎわう観光エリア

古き町並みを今に残す 古き町並みを今に残す

ハノイ旅行では、ホアンキエム湖を拠点に観光することになりますが、旧市街はその湖の北部に広がるエリア。ホアンキエム湖と並んで観光の中心地であり、おそらく多くの旅行者は、湖と旧市街を含めたホアンキエム区のホテルに滞在することになるでしょう。今回紹介する旧市街は、1日中旅行者が行き交う市内最大級の観光エリアです。古き良き町並みを今に残す旧市街。町を歩いていると、どことなく懐かしさを覚えるから不思議です。

かつては北部最大の商業区

早朝からそこかしこでにぎわいが見える 早朝からそこかしこでにぎわいが見える

11〜20世紀初頭まで、ここハノイは「タンロン」という町でした。皇帝が居城していたのは、現在世界遺産となっているタンロン遺跡。旧市街西方にある大きな敷地を持つ城ですが、当時は城下町がここ旧市街まで広がっていて、この旧市街一帯が商業区であったと言われています。その後、勢力は南部、つまりベトナム中部のフエに移され、阮(グエン)朝時代が幕開けることとなります。現在旧市街は政府指定の歴史遺産に指定されているため、なるべく現状を維持する試みがされています。旅行者も旧市街のそこかしこで旧家となる古き家々を見ることができるでしょう。

ハノイ36通りを歩こう

シクロに乗って一周してみるのも シクロに乗って一周してみるのも

かつて旧市街は36の組合があり、それぞれ通りによって区別されていました。現在でもその名残は町中のいたるところで見ることができます。例えば金物を売る通りや漢方を売る通り、茶葉を売る通りといった具合です。これらの通りはお土産になりそうなものはないかもしれませんが、道を歩くだけで異国情緒を感じられます。また、観光エリアとして活気だっているのは、旧市街中心のマーマイ通りやカウゴー通り、ターヒエン通りなど。いずれもホアンキエム湖から歩いて行くことができます。

昼と夜ではまったく違った楽しみ方ができる

旧市街の夜。期待以上の時間をおくれるはず 旧市街の夜。期待以上の時間をおくれるはず

旧市街の日中の楽しみ方は、専ら「スパ」と「レストラン」、そして町歩きとなるでしょう。日が高いうちは暑いですし、カフェやお土産店のほとんどは冷房がありませんので、ゆっくりできないかもしれません。一方、夜は気温が下がりますので、じっくりと雑貨を品定めすることができます。また、ターヒエン通りは夜になると数十の夜店が営業をはじめます。お客は道端の小さな椅子に腰かけてお酒を楽しむことができます。週末にはナイトマーケットも開催されます。ハノイ市内最大規模なので、是非足を運んでいってください。

関連情報

週末に開催されるナイトマーケット 週末に開催されるナイトマーケット

■ハノイ旧市街
アクセス:ホアンキエム湖、ハノイ大教会から徒歩5分。
ナイトマーケット:毎週金〜日曜

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/11/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索