日本のラーメンみたいなベトナムの麺料理

最近、外国人に人気のある日本料理の上位に「ラーメン」がランクインしたそうです。シンプルな麺料理に見えて、実は様々な味や、地域によって個性があることころが人気の秘密のようです。いわば、日本の国民的ソウルフードともいえるラーメンですが、東南アジアのベトナムにも、同じような超人気の麺料理があります。

まさに日本のラーメン感覚!ベトナムで国民的人気の麺料理 前編 まさに日本のラーメン感覚!ベトナムで国民的人気の麺料理 前編

ベトナムの人のソウルフード「フォー」

ベトナムの国のどこででも食べられる国民的人気の麺料理、それが「フォー」です。フォーは、鶏や牛から出汁をとった透明なスープに平たい麺を入れたものです。日本のラーメンとの一番の違いは、小麦でなく米粉を使った麺であること。ベトナムでは温暖な気候のために、なんと三毛作が可能なので、豊富にとれるお米を使った麺が使われているという訳です。

地方によって同じフォーでも味わいに特色があります

フォーには日本のラーメンと同じように、地方で特色があります。フォーはもともと北部のハノイで生まれた料理といわれており、牛肉のフォー(Pho bo)に細ねぎなどの薬味のものが主流になっています、一方ホーチミンなどがある南部では、鶏ガラ出汁に鶏肉の載ったフォー(Pho ga)さらに生野菜などのトッピングが沢山ついてくるスタイルが特徴です。私が現地で食べ比べた印象では、個人的には南部のフォーが好みでしたが、ぜひ旅行で訪れたら食べ比べてしてみて下さい。

街の至る所で食べられる

フォーは、ベトナムのどこでも食べることができます。屋台から、市場の中の食堂、フォー専門店など、大都市ではチェーン展開している日本のファミレスのようなこぎれいなフォー専門店まであります。値段もお店の立地や雰囲気に応じてピンからキリまで。ただし、安いお店でも驚くほどおいしいフォーに出会えることもあるので、ついつい色々なお店で食べ比べしたくなります。