page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

アジアの絶景特集「ベトナムと中国との国境にあるバンゾック滝」へ! 行き方・楽しみ方、虎の巻


掲載日:2017/02/13 テーマ:大自然 行き先: ベトナム / ハノイ

タグ: 一度は行きたい 絶景 素晴らしい 大自然


近年、にわかに注目を浴びているベトナム最北部にある瀑布

中国との国境に近いカオバン省にあるバンゾックの滝 中国との国境に近いカオバン省にあるバンゾックの滝

首都ハノイを中心とした北部ベトナムの観光地というと、まずは何といっても世界遺産の「ハロン湾」が浮かびますよね。その次に人気があるのは、サパに代表される山岳少数民族の町や村を訪ねる旅です。長年、ハノイからのエクスカーションはそんなものでしたが、世界的な絶景ブームの影響か、近年急に注目されるようになったベトナムの景勝地があります。これが中国との国境に近いカオバン省にあるバンゾックの滝です。落差50m、幅200m以上あり、何段かに分かれている滝は周囲のカルスト地形の山の風景と相まって、かなり迫力があります。実はこの滝自体が国境上にあるのです。そのため滝から流れる川の対岸は、もう中国。ベトナム側よりも中国側の方が観光客でにぎわっています。

アクセスがあまり良くないので、ツアー利用が便利

チャンアンも、ハロン湾と同じく石灰層の地層が、奇岩と渓谷を作り出している チャンアンも、ハロン湾と同じく石灰層の地層が、奇岩と渓谷を作り出している

この滝は大きな都市から離れているため、アクセスはあまり良くはありません。だから近年まであまり知られていなかったのかもしれませんね。そのため、今でもバンゾック滝へ行く最も簡単な方法は、ツアーを利用することです。基点となる都市ハノイまでは成田から直行便で約6時間。バンゾック滝を含むハノイのツアーは5日間からで、世界遺産のチャンアンなどと回る観光付きのツアー料金は10万円台からです。自力で行くにしても、ハノイからバンゾック滝そばの町、カオバンまではバスで約7時間、専用車でも6時間はかかるので、ハノイからの日帰りは無理です。カオバンからバンゾック滝までも約90km、車で2時間ほどの距離があります。カオバンにホテルがあるので、行きか帰りに泊まるといいでしょう。バンゾック滝のそばには、世界遺産のフォンニャ洞窟よりも美しいと言われているグオムガオ鍾乳洞があります。こちらもぜひお寄りください(ツアーではたいてい寄ります)。

国境なので許可証が必要? 旅の諸注意

カルスト地形の景観に、落差50m幅200m以上の滝が連なる姿は圧巻 カルスト地形の景観に、落差50m幅200m以上の滝が連なる姿は圧巻

注意としては、滝は国境地帯にあるため、外国人は原則的に「国境地帯入域許可証」が必要なことです(実際にはほぼチェックがないようですが)。ツアーの場合は、代わりに旅行会社が取得してくれるので問題ないでしょう。自由旅行なら、自分でカオバンの町にある入出国管理局へ行くことになります(土曜午後と日曜休みなので注意)。旅のベストシーズンは雨量が多い雨季の7〜8月と言われていますが、当日雨が降ってしまうと見晴らしが悪く、そもそも観光には適していないので、一概にこの時期がベストとは言えません。ということでハノイからはかなり遠いですが、絶景を見るためには不便はつきものです。ぜひチャレンジしてみてください!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/02/13)

ここ以外の絶景も見たくなったら特集をチェック!

  • 【特集】 世界の絶景 アジア編
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索