ホーチミングルメ・料理ガイド

ホーチミングルメガイド

ホーチミンのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

ベトナム料理は中国やフランスなどの料理の影響を残しつつ、ライスペーパーや米麺、ニョクマムと呼ばれる魚醤など独自の食材を使った個性的な料理が魅力だ。どの料理もハーブや生野菜がたっぷりと添えられることが多く、ヘルシーなのもうれしい。ホーチミンではベトナムの地方の郷土料理専門店もあるので、毎回の食事も大きな楽しみになるだろう。またフランス統治時代の雰囲気を残す、本格的なフランス料理のレストランもあり、グルメなら一度は足を運んでみるのもいいだろう。(2015年編集部調べ)


ホーチミンのレストラン・屋台

とりあえず代表的なベトナム料理を食べたいなら、旅行者も訪れやすい中級レストランがおすすめ。市場周辺や安宿の多い地域には多くの屋台が立つがは衛生的に問題のあるところもあるので注意しよう。ただし屋台で食べる本場のフォーは美味しいので、挑戦してみたいところだ。またベトナムにはコーヒーを楽しむ習慣があり、ベトナム産のコーヒー豆を独特のフィルターで淹れるスタイルは本場ならでは。街にカフェも多いので寄ってみては。

ホーチミンの水・お酒

水道水は飲料には適していないので、ミネラルウォーターを買って飲むこと。ミネラルウォーターはスーパーやキオスクなどで購入できる。観光地の露店などで買う場合は、フタがあらかじめ開いていないか確認しよう。また氷でお腹を壊す場合もあるので、心配な人は氷を抜きで注文するのがいい。レストランで出る水は、基本的には湯冷ましのことが多い。お酒類はスーパーや商店で購入できる。一番人気はベトナム産ビールの「333」。他にベトナム産の焼酎やワインもある。


現地ガイド発!ホーチミンのグルメ・料理最新情報

2017/02/02 グルメ

アットホームなフレンチレストラン「ティーコズ・サイゴン」

ホーチミン旅行イメージ-フランス人オーナーが直々にメニューの説明をする フランス人オーナーが直々にメニューの説明をする

ホーチミンの中心を南北に走るパスター通り。雑貨店やテーラーが軒を連ねる大通りをさらに歩いて北上し、一本路地を入った先にあるのが、レストラン「ティーコズ・サイゴン(Ty Coz Saigon)」です。料理は正統派フレンチで、手がけるのはフランス人オーナーの家族。このレストランの特徴は、フランス人オーナーがその都度ブラックボードを客席まで持ってきて、メニューの説明を一つ一つするというもの。基本の説明は英語ですが、難しい単語は日本語も交えてくれます。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ホーチミングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるホーチミンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ホーチミンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!