page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

美味しすぎてビックリ、安すぎてニッコリ!ベトナムはフルーツ王国だった


掲載日:2007/06/19 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: おいしい おもしろい フルーツ 史跡


バケツをひっくりかえしたような恵みのスコール

ハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りにあるタンディン(Tan Dinh)市場近辺の果物屋。 ハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りにあるタンディン(Tan Dinh)市場近辺の果物屋。

いよいよ雨季に突入したホーチミン市からこんにちは! このところ毎日午後になると、必ずといっていいほど、1、2時間、大量の雨が降り出します。ぽつぽつと滴が空から降ってきたと思ったら、あっという間にざざぶり。そんなときは、誰しもぼんやりと外を眺めながら、近くの店先であまやどりをします。しばらく気まぐれな雲が通り過ぎるのを待ちましょう。南国の雨季は不便ですが、雨が止んだあとは、ぎんぎんの太陽に照らされた道路はすっと冷え過ごしやすくなります。そして雨季に入るこの季節は、ホーチミン市で果物がとっても美味しい時期でもあるのです。というわけで今回は、南国ベトナムで食べられる果物についてご紹介します。

日本では高級品のあのフルーツもこのお値段?!

甘さたっぷりのマンゴーはベトナム語では「ソアイ(Xoai)」と言います。ベトナム人の中には青いまま食べるのを好む人も多いのが驚き。 甘さたっぷりのマンゴーはベトナム語では「ソアイ(Xoai)」と言います。ベトナム人の中には青いまま食べるのを好む人も多いのが驚き。

山積みになったフルーツは、市場やその周辺で見られるお馴染みの風景。器用に並べられた果物はいつ見ても圧巻です。安くて美味しい果物が揃っており、頼めば味見もさせてくれます。一年中出回る果物もありますが、やはり旬にこだわって美味しいものを食べたいのが消費者の願いですよね。
実は、私がベトナムに来て良かったな〜としみじみ感じるのは、美味しいマンゴーを思う存分食べられるこの時期。3月頃から6月頃までが旬のベトナム産マンゴーはまさに絶品。日本で買うと1個約500円もするようですが、こちらでは1kg2万ドン程度、つまり3〜4個150円程度という安さなのです! ねっとりとした甘みと、ほどよい酸味のバランスも抜群。小ぶりなものからラグビーボールサイズの大きなものまで種類は様々ありますが、手の平と同じくらいの大きさで皮が黄色くなっているものが甘くておすすめです。生で食べるのはもちろん、ジュースやシェイクにしても美味しいマンゴーです。

「果物の女王」も自転車かごに満載

マンゴスチンの引き売り業者。購入する際は美味しそうなものを自分で選ぶことも大切です。 マンゴスチンの引き売り業者。購入する際は美味しそうなものを自分で選ぶことも大切です。

また5月から6月と出荷時期が限られ、ベトナム人の間でもファンが多いのがマンゴスです。山盛りのマンゴチンを自転車で売りに来る女性を見かけるのもこの時期だけです。日本ではマンゴスチン味のガムなどは売っていますが、生のマンゴスチンを食べたことがない人も多いのでは?私もベトナムに来て初めてその実を食べ、上品な中にある濃厚な甘味に感激しました。分厚い紫色の皮を指でぐいとむくと中に真っ白な実が。純白の実は見た目に似合わず濃厚なお味。「フルーツの女王」と言われますが、舌に載せたとたんに、とろけるような食感や、こってりとした甘味は、やみつきになること間違いなし。確かに美女が持つ妖艶さのようでもあります。

カンタン!交渉術をご紹介

ちなみにベトナムでは市場や路上での買い物に定価はないため、値段はすべて売り子との交渉で決まります。普通は1kgからの販売で、多すぎるようなら500gでも買えますが、とにかく言い値で買うのはNG。まずは「高いよ!」=「マックワー!(Mac qua!)」と大げさに驚いて見せましょう。そして、少なくとも1度は「まけて!」攻撃をしかけます。「まけて!」はベトナム語で「ボッディー!(Bot Di!)」。こちら側に買う気がちゃんとあれば、向こうも折れてくれるはず。そのやりとりも旅の醍醐味、電卓片手に頑張ってください。
ちなみにこの日は1kg3万ドンで購入しました。10個弱で約220円。ベトナムでは高級フルーツと言われるマンゴスチンですが、やっぱり激安には違いありません! この時期にベトナムに来る人はぜひお試し下さい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/06/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索