page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

美味は食堂にあり!蟹のすり身入り麺「ブンチャークア」が絶品


掲載日:2007/08/06 テーマ:グルメ 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: おいしい グルメ 名物 麺類


ベトナムはなんといっても庶民派料理が一番

庶民派料理専門店「フーンザン(Huong Giang)」。こんなところにもびっくりするほど美味しい料理が 庶民派料理専門店「フーンザン(Huong Giang)」。こんなところにもびっくりするほど美味しい料理が

ベトナム料理を楽しむコツは、地元の人に交じってがやがやした中でお行儀なんて気にせず、もりもり食べること。そして本当に美味しいベトナム料理を知るにはやっぱり現地の人の味覚を信頼することが大切です。
例えばバイクが沢山停まって、いつも賑わっている店は要チェック、というのはよく言われることですが、本当にびっくりするほど小さなローカル店でも、意外なほど美味しい庶民料理が潜んでいるもの。となると気になるのが、ベトナム人の友人たちが贔屓にしているお店……というわけで今回は私が友人に教えてもらった、とっておきの一軒をご紹介します。

小さなフエ料理専門店で頼むお約束メニューとは?

こちらが噂のブンチャークア(Bun Cha Cua)、一杯15000ドン(約115円)。付け合わせのくるくるした野菜は、緑色が空芯菜、紫のがバナナの葉 こちらが噂のブンチャークア(Bun Cha Cua)、一杯15000ドン(約115円)。付け合わせのくるくるした野菜は、緑色が空芯菜、紫のがバナナの葉

こちらはホーチミン市3区、中心街からタクシーで10分ほどのところにあるにある小さな食堂。路上にまで机が飛び出すローカル店ですが、店内は清潔、食事時はいつも満席状態です。ベトナム中部フエの定番料理を出すお店ですが、このお店に来たらとにかく一度は食べてみてほしいのが、特製蟹のすり身が入った麺「ブンチャークア(Bun Cha Cua)」。店を紹介してくれた友人は、「このお店ではこのメニューしか頼まない!」と言い切るほどこの料理の大ファンなのです。さてさて、それほどまでに友人を魅了する「ブンチャークア」とはどんな料理なのでしょう? 

新鮮な蟹のすり身とさっぱりスープが絶品

手作りの蟹のすり身「チャークア」は、毎日お店の人が新鮮な蟹の身で作る極上品 手作りの蟹のすり身「チャークア」は、毎日お店の人が新鮮な蟹の身で作る極上品

「ブン」というのは米粉から作られる麺、「クア」というのは蟹のこと。蟹の身をすりつぶし、調味料と共に練り込んで、それを茹でたつくねが入ったシンプルな麺がこれです。新鮮な蟹の身は甘く、ガーリック主体の調味料がほどよい味付け。そして、ぷりぷりとした食感がもうやみつきになります。スープは、辛さ・甘さ・旨味・酸味が溶け合ったあっさり味。もちもちジューシーなつくねがこれまた見事にスープと合うのです! 付け合わせに出てくる野菜や香草類をのせてライムを搾れば、ヘルシーな南国ヌードルの完成です。

ベトナム食堂の底力をご堪能あれ!

じつは、ベトナムの人は「このメニューを食べるならあのお店」と決めて飲食店を利用することが多いのです。なるほど、この一杯の麺を食べられるなら、中心地からタクシーで10分かけて出かけるのも悪くない。以来、月に1度はこの「ブンチャークア」が食べたくなってしまうほど、このお店は私にとってもお気に入りの食堂になっています。高級レストランにもまさる、ベトナム食堂の底力、あなたもぜひ感じてはまってみてください。

【関連情報】

■ Quan An Huong Giang (クアン・アン・フーンザン)
住所:129 Ly Chinh Thang, Dist.3, Ho Chi Minh City
電話番号:(+84)8-8483938
URL:無し
営業時間:6:00〜21:00
定休日:無休
その他:

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索