page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

文人達を惹きつけた、ベトナム一魅惑のバーとは?


掲載日:2007/10/12 テーマ:お酒・バー 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: バー・パブ 夜景


川風を感じるスカイバー「ブリーズ」

コニャック&ソーダは約8USドル。暑い国ならではのカクテル コニャック&ソーダは約8USドル。暑い国ならではのカクテル

常夏のホーチミン市で、時々夕涼みに訪れたくなる場所があります。空が広く感じられてのどかに河辺を行く船が見える……そんな情緒溢れる場所がここ、ホテル・マジェスティックの最上階にあるスカイバー「ブリーズ」です。「ヴェトナムの開高健は、コニャックソーダが好きだった」(朝日新聞社『ヴェトナム 歴史の旅』小倉貞男著)とあるように、かつてここでコニャックをソーダで割った独特のカクテルを楽しんだ人たちがいました。

戦争中も優雅な時間が流れた場所

ノンフィクションライター近藤紘一氏が、座ったであろうと思われる窓際の特等席 ノンフィクションライター近藤紘一氏が、座ったであろうと思われる窓際の特等席

沢田教一、開高健、石川文洋、近藤紘一……。誰もが一度は耳にしたことのある著名な日本人ジャーナリストたちがこぞって滞在していたとされるホテル・マジェスティック。南北統一前のホーチミン市(サイゴン)はそれは美しい街並みだったとか。ジャーナリストたちはベトナム戦争中のレポートを書きながらも、時に優雅にサイゴン川の対岸が見渡せるこのバーで食事をしたりカクテルで喉を潤したりしていたようです。

憧れのフレンチコロニアル建築 5つ星ホテル

ホテル・マジェスティックのロビー ホテル・マジェスティックのロビー

ところでホテル・マジェスティックは創業1925年、サイゴン川に面する角地にそびえ立つ、アールデコ調の堂々たる五つ星ホテルです。当時フランス植民地時代のサイゴンには、コロニアル建築の建物が目抜き通りに並んでいましたが、その中でもこのホテルの美しい風格はひときわ群を抜いていたよう。その姿は時代を超えても健在で、各国の首相を始め、カトリーヌ・ドヌーヴなどの多くの著名人が宿泊しました。

本を片手に旅する人におすすめ…!

ベトナムに関する書籍にはファンも多い。お気に入りの一冊を持って旅をしてみては? ベトナムに関する書籍にはファンも多い。お気に入りの一冊を持って旅をしてみては?

現在もカフェ&バーとしてオープンしているスカイバー「ブリーズ」はホテル宿泊客はもちろんのこと、一般客も利用可能です。冒頭のコニャックソーダはメニューには載っていませんが、ウェイターに注文すれば、不思議な顔することなく持ってきてくれます。その他オリジナルのカクテル類やソフトドリンクも豊富。旅の疲れを癒す場所としてではなく、ここに訪れること自体が旅の目的になりそうな、味わい深いバー。お気に入りの本を片手に、ぜひ一度訪れてみてください。色々な時代の「サイゴン」が感じられるかもしれません。

【関連情報】

夜は河辺の船やネオンが美しい 夜は河辺の船やネオンが美しい

■Sky Bar Breeze(スカイバー・ブリーズ)
住所:5F, Hotel Majestic, 1 Dong Khoi Str., Dist. 1, Ho Chi Minh City
電話番号:(+84)8-8295517
URL:www.majesticsaigon.com.vn

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索