page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夜風にゆられてファイヤーダンス?! ベトナム的ナイトクルーズ


掲載日:2007/10/24 テーマ:船・クルーズ 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: クルーズ グルメ 音楽


魚の形をしたディナークルーズ「ベンゲー号」

夜のサイゴン川に浮かぶぎらぎら「ベンゲー号」。バクダン港に停泊する幾つかの客船の中でも、その度派手さで存在感抜群 夜のサイゴン川に浮かぶぎらぎら「ベンゲー号」。バクダン港に停泊する幾つかの客船の中でも、その度派手さで存在感抜群

通常、観光地のディナークルーズといえば、優雅な食事にリッチな雰囲気の豪華客船……でもここはベトナム! あくまでチープにキッチュに、あなたを笑い満点の夜の旅に誘ってくれます。数あるナイトクルーズの中でも最も気軽に楽しめるのが、こちらのサイゴン川ディナークルーズ船「ベンゲー号」です。電飾満点、ギザギザの歯をむき出しにした巨大な魚の大型船は、毎日サイゴン川のバクダン港から出港しています。

船の上でベトナム料理をご堪能あれ!

ベトナム料理がいろいろ食べられる。英語メニューもあり。チャーハン6万ドン(約460円)揚げ春巻き6万5000ドン(約500円)など ベトナム料理がいろいろ食べられる。英語メニューもあり。チャーハン6万ドン(約460円)揚げ春巻き6万5000ドン(約500円)など

ベンゲー号の開店(開船?)は18時。港に停泊するレストランとして毎晩オープンします。船が出港するのは20時20分頃なので、それまでに食事を済ませて出港を待ってもよし、20時頃ぎりぎりに乗船しクルーズに出てから食事を楽しんでもよし、あるいは食事は別のところで済ませてから、飲み物だけを注文する、というスタイルもありかもしれません。レストランで出される料理は、揚げ春巻き、ハスの茎のサラダなどの前菜、肉類(牛・豚・鶏・カエル)、魚介類(川魚・蟹・海老・イカ)、チャーハンや焼きそばなどの主食類、鍋と基本的なベトナム料理がなんでも揃っています。ビールを飲んでもひとり1000円前後です。

各階で異なる音楽のチョイスはあなた次第

ベトナム伝統の琴や弦楽器を使った演奏。日本や外国の歌謡曲が流れることも多い ベトナム伝統の琴や弦楽器を使った演奏。日本や外国の歌謡曲が流れることも多い

ところで、ベンゲー号は3階建てになっており、1、2階がベトナムポップスのライブ、3階が民族音楽ショウの会場です。大宴会場のような広々としたテーブルの先に、ライブショウが行われる舞台があります。どの階に座るかはご自由ですが、おすすめは3階の民族音楽ショウ。民族音楽といっても、バックミュージックにあわせてアオザイを着た男女が、時折演奏を入れる程度……なのですが、ベトナム伝統の弦楽器などを使っていて優しい音色。曲目は「涙そうそう」「上を向いて歩こう」など日本歌謡曲も多いのです。

最後にお楽しみは……火を食べる美女!

クルーズの最後に突然登場するファイヤーダンス美女。なんと松明の火を食べちゃうのです! クルーズの最後に突然登場するファイヤーダンス美女。なんと松明の火を食べちゃうのです!

出航後は穏やかに吹く風が気持ちよく、川沿いの造船所やホーチミン市のネオンなどを眺められます。涼しい風を受けて川岸を眺めれば、けっこう優雅な気分に。そしてそろそろクルーズも終わりか…?と思ったところに、突然ファイヤーダンスが始まりました!! ノリノリのダンスミュージックに併せて、セクシーな美女が腰ふりダンス……両手には松明が! そしてその火を……口に入れました!! 会場はそれまでののんびりモードと打ってかわって大喝采。最後まで笑わしてくれるベトナムならではのナイトクルーズ。 ぜひ可笑しなもの見たさで試してみてください。

【関連情報】

ワンフロア約400席の船上レストラン。両端のテーブルは早めに埋まるので19時頃までに着くのが吉 ワンフロア約400席の船上レストラン。両端のテーブルは早めに埋まるので19時頃までに着くのが吉

■Tau Nha Hang Ben Nghe(タウ・ニャーハン・ベンゲー)
住所:Cong Vien Cang Bach Dang, Dist. 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
アクセス:ドンコイ通りの突き当たりサイゴン川のフェリー乗り場バクダン港より出港
電話番号:(+84)8-8231475
開船時間:18:00レストランオープン 20:20頃出港 クルーズの時間は約1時間
入船料:1万ドン(約80円)、食事等の料金とともにクルーズの最後に支払い。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索