page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・ホーチミン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ベトナム旧正月 おいしいもの特集!


掲載日:2007/12/04 テーマ:グルメ 行き先: ベトナム / ホーチミン

タグ: おいしい グルメ 屋台 旧正月


2ヶ月つづく南国のお正月!

花が咲き乱れる南国のお正月は実に開放的な気持ちになれるはず 花が咲き乱れる南国のお正月は実に開放的な気持ちになれるはず

ベトナムは中国と同じく太陰暦が人々の生活に密着に結びついています。公の場では西暦も使われていますが、祝い事や行事はすべて陰暦を元に動きます。そんなベトナムではもちろんお正月は旧正月がメイン。2008年は2月7日が元旦になります。といっても西暦の1月1日も「西洋のお正月」として大晦日には花火が上がったり、それなりに楽しむのがベトナム人のいいところ。クリスマスも含めて、12月末から長くて2月まで、この間ずーっと年末気分が盛り上がり続けるのです!

ねっとりもっちり美味!おこわ餅「バィンチュン」

ベトナムの正月料理「バィンチュン」。道ばたやお総菜店やスーパーなど、正月前はどこでも購入することができます。1個40000ドン(約310円)程度 ベトナムの正月料理「バィンチュン」。道ばたやお総菜店やスーパーなど、正月前はどこでも購入することができます。1個40000ドン(約310円)程度

旧正月の食べ物の代表格で、旧正月前には色々な屋台で購入できるのがこちら、ベトナムのおこわ「バィンチュン(Banh Trung)」です。もち米と緑豆、豚肉をバナナの葉でしっかりと巻いて茹で上げたちまきバインチュン。北と中部は四角、南部は細長いボンレスハムのような形で作られます(南ではバィンテトと呼ばれています)。もっちりぎっしりとしたおこわの中に入った豚肉はほどよく塩っ辛く、緑豆のふわふわとした食感も味わえます。さらに塩胡椒などをつけて家族みんなでわけあっていただくのです。かなり日持ちがするので主婦が台所に立たなくて済む、ベトナムならではのおせち料理と言えるでしょう。

豚の煮込みをライスペーパーでまきまき。いただきます!

とある家庭の正月料理。中央が豚肉とゆで卵の煮物。左がタケノコの煮物。どちらも自分でライスペーパーに巻いて食べます とある家庭の正月料理。中央が豚肉とゆで卵の煮物。左がタケノコの煮物。どちらも自分でライスペーパーに巻いて食べます

もう一品、旧正月に欠かせないのが豚肉とゆで卵の煮物「ティッコーチュン」です。キャラメルを加えて煮るので、色がしっかりとしみ込みます。ご飯にのせて食べても美味しいですが、細かくしてライスペーパーに野菜と一緒に巻いても食べます。ライスペーパーに巻く料理は、普段から人気ですが、お正月には集まってきた家族みんなでわいわいと食べられるため、とても重要なようです。こちらはお袋の味といった定番料理で、ホーチミン市内のレストランでもほとんどのお店で注文することができます。

機会があればぜひ家庭料理を試してみよう!

素朴ながらも美味しい家庭料理。とにかく家族や友人で集まって食べるのがおきまりです 素朴ながらも美味しい家庭料理。とにかく家族や友人で集まって食べるのがおきまりです

旧正月の元旦をはさんだ1週間は、働き者のベトナムの人たちが唯一長期休暇を取る時期でもあります。年中無休で営業している市場や土産物店などもテト期間だけはお休みを取ることも多く、旅行者には敬遠されがちですが、いつも騒々しいベトナムのお澄まし顔を見られるのもなかなかオツなもの。特にベトナム料理が好きな人なら、ベトナムならではの正月料理にチャレンジするのはいかがでしょう? レストランでも楽しめますが、もしベトナム人の友達ができたらぜひ自宅に遊びに行ってみましょう! ベトナム料理もほかの国と同様、家庭料理が一番のご馳走。きっと素朴でおいしいお袋の味に感動するはずです!

【関連情報】

■バィンチュンが購入できるお店
店名:Nhu Lan(ニューラン)
住所:50 Ham Nghi St., Dist., HCM City
ベーカリーですがお惣菜などのテイクアウトも可能。
■ティッコーチュン(豚肉とゆで卵の煮物)が美味しいレストラン
店名:Hoang Yen(ホアン・イェン)
住所: 7 Ngo Duc Ke St., Dist.1, HCM City
家庭料理全般がおいしいレストラン。英語メニューあり。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索